準富裕層(5000万円)卒業済み!貯金・金融資産6000万円あるけど資産運用するなら?30代〜45歳で6000万円達成者はどれくらい存在?

5000万円資産運用(投資先)

準富裕層(5000万円)卒業済み!貯金・金融資産6000万円あるけど資産運用するなら?30代〜45歳で6000万円達成者はどれくらいの割合で存在?

資産が準富裕層とされる5000万円を超え、その後も順調に資産形成を行い6000万円に到達。

せっかくまとまった資産があるのだから、効率的に運用する方法なないだろうか?と真剣に考え始める頃ではないでしょうか?

 

資産運用の難しく、面白いところは資産が大きくなると投資先の選択肢が増えるということですよね。また同じ商品でも違った目線で評価するようになりますので、常に学習が必要です。

3%の利回りの商品などは、100万円しか保有していなかったらリターンは3万円と面白くない商品ですが、1億円あったら300万円を堅実に運んでくる優秀な投資先に化けますからね。

 

今回は6000万円保有している方が効率的に運用できる先は、どのような商品が候補になってくるのかを考えていきたいと思います。筆者はすでに資産1億円を達成しているので、過去の経験を元に執筆していきたいと思います。

【最新版】日本国内のおすすめヘッジファンドをランキング形式で掲載!投資する際に気をつけたいポイントなど網羅的に解説。
【2023年】日本国内のおすすめヘッジファンドを一覧にしてランキング形式で掲載!投資する際に気をつけたいポイントなど網羅的に解説。

今回は私の投資の軸を形成しているヘッジファンド(私募ファンド)への投資について以下の点を含めて記載していきます。   「ヘッジファンドとはそもそも何なのか?」 「何が優れているのか?」 「ど ...

続きを見る

 

金融資産(貯金)6000万円の割合は?30代〜45歳で到達はすごい?

そもそも何歳くらいで資産6000万円を達成すると、抜きん出た資産と言えるのでしょうか?年齢を考えずに日本の世帯で考えると、上位層と言えるでしょう。

5000万円以上を保有する世帯は8.75%です。10世帯あれば1世帯くらいは持っているかもしれないという水準です。そう考えると、結構いますね。

図1:純金融資産保有額の階層別にみた保有資産規模と世帯数

 

2005年から超富裕層は倍増し、富裕層以上が12%増加していますから、日本はかなりお金持ちになりやすい国になったという実感が湧きますね。

表1:純金融資産保有額の階層別にみた保有資産規模と世帯数の推移

親からの遺産などもあれど、努力でも富裕層への道は開かれていると思われます。インターネットで情報格差が埋まり始めているからでしょうね。情報の独占ができない時代になり、ますます下克上がしやすくなりました。

 

さて、ここまではざっくりとした世帯での金融資産ですから、当然年配の方が多く入っているはずです。資産は時間と共に増大していくものですからね。

以下は世帯主の年齢別に見た平均貯蓄額です。

図 12 世帯主の年齢(10 歳階級)別にみた1世帯当たり平均貯蓄額-平均借入金額

図 12 世帯主の年齢(10 歳階級)別にみた1世帯当たり平均貯蓄額-平均借入金額

30~39歳の平均貯蓄は530万円、40〜49歳の平均貯蓄は650万円となっています。

年代 平均貯蓄金額
29歳以下 179,800
30~39歳 5,300,000
40~49歳 6,509,000
50~59歳 10,754,000
60~69歳 14,617,000
70歳以上 12,335,000
65歳以上 12,766,000

 

もし30〜40代で6000万円を保有しているのであれば、実に同年代平均の10倍程度大きい資産を持っていることになります。これは十分の誇っていい実績でしょう。

50歳以上は流石に1000万円を超えてきていますが、本来は1000万円の資産を持つこと自体が難しいことであることが推察されます。(本来は中央値を見たいのですが、上記平均値も十分参考になりそうです)

 

さて、次項からは実際に6000万円もの資産を、30代、40代で保有している場合にどのような運用が考えられるのかを書いていきます。まだまだ若いので、時間を存分に使った運用が期待されます。

 

まとまった金額だからこそ考えたい堅実運用

債券投資(国債・社債)

まずは元本が大きい故に、少額の資産ではあまりリターンが期待できない債券投資です。

日本の国債に関しては利回りが壊滅的に低いですが、海外に目を向けると、多少は魅力的な債券が揃っています。

個人向け国債の金利情報

 

海外債券は以下です。

既発債券

 

劣後債であれば5.23%などがあり、米国債は4%程度ですね。

欧州投資銀行、南アフリカ・ランド建再建などは8%近くのものがありますが、為替リスク、デフォルトリスクなども孕んでいるため、利回りは非常に高めです。

 

為替リスクについては、残念ながら2023年時点で、ドル円の動きが非常にダイナミックで円安が進んでしまったため、米国債の妙味がかなり薄くなってしまっています。

USDJPYJPY=X

 

今回、債券投資の妙味が出てきたのは、米国が止まらないインフレを退治すべく政策金利を引き上げていることが主因となっています。債券利回りが久しぶりに4%へ到達しました。

そして、元本が大きい投資家であれば、積極的に買える稀有なタイミングなのですが、日本銀行が意地の金融緩和を行なっており、一気に円安が進んでしまいました。

現在米国は不況到来が見込まれ、大手テックではリストラの嵐となっています。

テック大手のリストラ続々、新たな現実に直面 グーグル、アマゾン、メタ、ツイッターなどの人員削減まとめ

つまりは、今後米国に不況が到来すれば、FRBは政策金利を引き下げる必要が出てきます。これはつまり高進していたドル高円安が一気に逆回転を始める可能性が高いということです。

すでにドル高がいきすぎたため、151円から137円までドルは下落しましたが、日銀がYCC解除を検討している点もあり、今後は円高に振れすぎてしまう可能性すらあるのです。そしてそれは突如訪れると思います。日銀はサプライズが多いです(投資家としては最悪です)。

日銀は現在のYCCを3月に終了するだろう(10年金利操作の終了)。2月16日付の当レポートで筆者は3月の金融政策決定会合における「いきなり」YCC終了の可能性について触れ、その後、その予想に自信を深めた(同レポートは下部に再掲)。

要点は①YCC終了を事前に織り込ませることは国債売りの嵐を呼ぶことに他ならないため、円債市場の波乱を最小限に抑えるという点において得策でない、②3月は黒田体制において最後の金融政策会合であるほか、年度末ということもあり政策変更を予想する向きが少ない、③賃上げ報道が相次いでいることから春闘の結果を待つ必要性が低下している、④新型コロナの感染症法上の分類変更に伴ってフォワードガイダンスの修正が必要になりそれが政策変更のきっかけになり得る、などである。

3月のYCC終了を予想  ①「点検」は予告なし ②コロナ離れ

 

債券は元本が大きい投資家に有利ですが、今回ばかりは見送った方が良いかもしれません。次のチャンスを待ちましょう。投資はタイミングです。

 

インデックスファンド(S&P500)

S&P500に連動するインデックスファンドへの投資は大ブームですよね。芸能人などもS&P500を買っておけば老後は絶対に大丈夫!といった言説が目立ちます。30年で年率平均7%のリターンですから、多くのアクティブファンドはインデックスに敗北していますし、流行になっても不思議ではありません。

しかし、金融に詳しくない有名人などが一つの商品を推奨し始めた時こそ、長く苦しい時代の始まりです。仮想通貨も、NFTなど様々な商品が大人気になったところで、一気に大暴落し今は冬眠期間に入っています。

 

2020年の大バブル相場が発生し、2021年には世界中の(初心者)投資家がインデックスファンドにとにかく投資しろといったように、騒いでいました。結果的に2022年よりインデックスは大きく下落しました。

S&P 500

 

2023年以降もインデックスファンドが完全復活するかというと、筆者は非常に懐疑的に見ています。

なぜなら、40年来続いた米国株の上昇は低金利とテクノロジーという成長分野の台頭により成し得てきたことだからです。

しかし、現在続くインフレは完全に40年間のツケを払っているように思います。

1980年代から2021年まで異次元金融緩和の実施 低金利=株高

 

こうも政策金利を下げ続ければ、短期的な下落の時代はあれど、米国株は上昇するに決まっているのです。しかし、低金利政策の終焉を現在は迎えていると思われます。

株式市場のコンディションが悪くなる未来が見えており、長らく停滞が続く可能性が高いと見ています。成長ドライバーだったテクノロジーももうあてになりません。すでに成長は止まりマイナス成長が始まっているからです。

アメリカIT大手グーグルの持ち株会社「アルファベット」は10月から12月期の決算を発表し、4期連続の減益となりました。 アルファベットが発表した去年10月から12月期の決算で、売上高は前の年の同じ時期と比べて1%の増加にとどまり、760億4800万ドル、日本円でおよそ9兆8000億円でした。 また純利益は34%減少し、4期連続の減益となっています。

景気後退の懸念が高まる中、インターネット広告の売り上げが減少し、ユーチューブの広告はおよそ8%の減収でした。 グーグルは先月、コスト削減のため従業員およそ1万2000人を削減すると発表しています。

米グーグル持ち株会社「アルファベット」4期連続の減益

 

ナスダックの時代も終焉したと見て良いでしょう。今後は株式市場は米国ではなく、成長が存在する市場を選択する必要があります。

低金利政策時代が始まるまえの米国株は同様の状況で、10年スパンで株価横ばいの時代がありました。この間に他の投資をできないことは機会損失になってしまうのです。

実際にITバブル崩壊後の米国株も10年以上停滞し、その頃に新興国株式市場は大相場をつけました。米国株一辺倒ではなく、成長を探した方が良いと思うので、注意喚起も含めここではあえてインデックスファンドを挙げさせてもらいました。

 

アクティブファンドという選択肢もありますが、アクティブファンドはインデックスファンドにボロ負けしているのがこれまでの実績なので、インデックスが調子が悪い場合、さらに損失が大きくなってしまうため、あまりおすすめできません。

筆者は100ファンドほど分析した上でアクティブファンドは勧められないと言わせていただいています。

日本中の投資信託分析

 

ヘッジファンド

ヘッジファンドは近年ようやく日本でも資産運用の選択肢の一つとして認知され始めているように思います(とはいえまだまだ一部の玄人向けですが)。

ヘッジファンドとは、絶対収益型ファンドであり、公募投信と異なり募集人数が限られているため、最低出資額が大きい点が特徴となっています。また、公募投信は手数料体系のメインが信託報酬であるのに対し、運用パフォーマンス次第で変動する成功報酬型であることも特徴です。

つまり、ファンドマネジャーにリターンを出す高いインセンティブが存在するということです。日本の投資信託なんかは広告で大量に集めることが正義になりますが、ヘッジファンドの場合はリターンがマストなので、結果的にパフォーマンスに大きく差が出てきます。

 

以下の通りインデックスを上回るようなパフォーマンスを上げており、年々ヘッジファンドへの投資は加速度的に増加しています。

ヘッジファンドと市場平均のリターンの差

 

日本ではまだまだ黎明期ではありますが、欧米では王道中の王道の投資であり、有名どころではハーバード大学基金、イェール大学基金などがポートフォリの核としてヘッジファンドを据えています。(ハーバード大学基金は年間リターンが30%以上の優良投資組織で、ヘッジファンドはポートフォリオの30%組み込まれています)

上記でヘッジファンドはパフォーマンスが高いと述べましたが、ピンキリですのでヘッジファンド選びは慎重に行いましょう。

一流どころでは30年間マイナスを出さずに平均利回り40%程度で運用を継続するメダリオンファンド(ルネサンステクノロジー)、ヘッジファンドの帝王・レイダリオ氏がファンドマネジャーを務めるブリッジウォーターなどが存在します。

Medallion Fund

しかし、メダリオンファンドは規模が大きくなってしまったため戦略が機能しなくなるため、募集は停止しておりますし、ブリッジウォーターに関しては最低出資金額は1兆円を超えます。つまり超富裕層か機関投資家しか投資ができないのです。

欧米の一流どころはやはりメジャー級ですね。

 

一応上場している株式会社となっていますが、世界一の投資家と言われるウォーレン・バフェット氏のバークシャーハサウェイも、ある意味ヘッジファンドとみなして、上場株で購入ができます。最低出資額(1株)4000万円程度なので、6000万円あれば購入可能でしょう。

バークシャーハサウェイも、50年の運用で平均リターンは20%、マイナスになった年が2回しかありません。50年間ほぼプラスで運用していたのが恐ろしいですよね。最初の35年間はマイナスを出した年は1年もありませんでした。

バークシャーハサウェイ

バークシャーハサウェイ 株価

 

やはり、ヘッジファンドを選ぶ基準は「マイナスを出さない」、つまり下落耐性の強いファンドを選べば大きくは間違えないことがわかります。

複利運用のみが資産を加速度的に増加させるのですから、当然ですよね。

 

筆者の場合は、バークシャーハサウェイも当然選択肢にありましたが、バフェット自身がもう92歳であり、後継者に運用をある程度任せているとのことで、すでに過去のようなリターンは出せないかと考えています。実際に2022年もマイナスリターンを計上していました。

生涯三度目のマイナスですね。そろそろ伝説に限界が見え始めたように思います。

 

結局、筆者はどうしているかというと、2012年からヘッジファンド運用を始めており、様子を見ながら追加投資を行ってきました。最終的にポートフォリオのほとんどが国内老舗ヘッジファンドのBMキャピタルになっています。

最低出資額は1000万円となっており、6000万円を堅実的に運用可能です。

 

BMキャピタルはバリュー株投資を主体に、アクティビスト活動を通して毎年安定的なリターンを運んでくれるヘッジファンドです。下落耐性も強く、運用を開始してからマイナスを出していません。その代わり、派手はリターンもありません。

メダリオンファンドやバークシャーを下回るリターンではありますが、マイナスを出さない点を最上級に筆者は評価しております。概要は以下ですが、興味のある方は問い合わせてファンド担当者に直接話を聞くことをおすすめします。

詳しくはコチラ

 

 

まとめ

今回は6000万円という資産について解説してきました。利回りが高くない投資先でも元本が大きくなれば魅力が出てくることを理解いただけたかと思います。

6000万円までくれば、堅実なリターンを心がければ資産はぐんぐん伸びていきます。しかし、雑な運用を行っていれば、金額が大きい分だけダメージが大きくなってしまうものです。

慎重に、堅実に着実に資産を増やしていきましょう。以下は筆者の10年以上の投資経験をもとに作成した投資先についてのまとめですので、興味のある方はコチラも参考にしてみてください。

 

【最新版】日本国内のおすすめヘッジファンドをランキング形式で掲載!投資する際に気をつけたいポイントなど網羅的に解説。
【2023年】日本国内のおすすめヘッジファンドを一覧にしてランキング形式で掲載!投資する際に気をつけたいポイントなど網羅的に解説。

今回は私の投資の軸を形成しているヘッジファンド(私募ファンド)への投資について以下の点を含めて記載していきます。   「ヘッジファンドとはそもそも何なのか?」 「何が優れているのか?」 「ど ...

続きを見る

 

最後に:資産を飛躍的に増やす方法は明確に決まっている

積み重ねる運用

 

 

資産を大きく増やすにはどうすれば良いのでしょうか?

上場小型ベンチャー株に力一杯、資金を投入。一か八か、株価の急騰を願ったり、信用取引でレバレッジを思いっきりかけてみるのも良さそうです。仮想通貨の草コインも人生一発逆転があるかもしれません。

断言します。上記のような思考の方は一生資産が増えません。

そもそも一発の取引で大儲けを狙えるというのは、同じく容易に資金を溶かす可能性も高いということです。そんなものは投資とは言えません。投機と考えても質が低いです。もう少し丁寧に資産の扱い(延いては人生)を考えてみましょう。思考をガラリと変えてみましょう。

 

大事なのは「リターンが小さくても確実にプラスを、時間をかけて積み重ねていく(複利を生かす)」ことです。世界一の投資家であるウォーレン・バフェット氏も投資で最も大切なのは以下の2つのルールとしています。

 

  1. 絶対にお金を損しないこと。
  2. 絶対にルール1を忘れないこと。

 

 

この「損をしない」「プラスリターンを確実に積み重ねていく(複利を生かす)」という重要性を理解したところで資産運用は始まります。好きな企業の株、高配当・優待目当てなど、あなたの資産を減らしてしまう運用はやめましょう。「Classic」且つ「質実剛健」な資産運用を行なっていくべきです。

 

私も資産運用歴は既にかなり長いです。そしてこの思考に辿り着き、プラスリターン×複利運用を実施してからの資産増加スピードは圧巻でした。この哲学を実践している、私のポートフォリオに入っているファンドも今回まとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

 

-5000万円資産運用(投資先)

© 2023 株式投資:富裕層が参加する勝者のゲーム Powered by AFFINGER5