掲示板で評判が悪いグローバル・エクスポネンシャル・イノベーション・ファンドの成績は?テクノロジー銘柄の株価下落で基準価額暴落?

日本中の投資信託を分析

掲示板で評判が悪いグローバル・エクスポネンシャル・イノベーション・ファンドの成績は?テクノロジー銘柄の株価下落で基準価額暴落?

「破壊的イノベーション」を提供する銘柄に投資していくグローバル・エクスポネンシャル・イノベーション・ファンドを今回は取り上げていきます。

非常に成績は悪いですが、その要因は何か?今後復活することはあるのかについて網羅的に分析していきたいと思います。

 

グローバル・エクスポネンシャル・イノベーション・ファンドの基準価額

 

投資信託分析

 

グローバル・エクスポネンシャル・イノベーション・ファンドの特徴とは?

アーク(ARK社)の指示に従い破壊的イノベーション&SDGs関連企業の株式に投資

グローバル・エクスポネンシャル・イノベーション・ファンドの組成は日興証券ですが、実際に銘柄を調査し選定しているのは米国のETFシリーズを運用しているファンド、アーク社会が実施しています。

これは先日分析したグローバルフィンテック株式ファンドやゼロコンタクトと同様です。

グローバルフィンテック株式ファンドの今後の見通しは?評判や口コミや直近の株価暴落理由を含めて徹底評価!
グローバルフィンテック株式ファンドの今後の見通しは?評判や口コミや直近の株価暴落理由を含めて徹底評価!

ハイテク化する世界の中においては様々な先進技術がでて世の中を賑わせています。 グローバルフィンテック株式ファンドは世界のフィンテック関連企業の株式に投資するファンドとして名を馳せました。   ...

続きを見る

ゼロコンタクトの売り時はいつ?止まらない下がりはどうなる?「デジタル・トランスフォーメーション株式ファンド」の見通しを解説
評判が良かったゼロコンタクトの売り時はいつ?止まらない下がりはどうなる?「デジタル・トランスフォーメーション株式ファンド」の見通しを解説

「デジタル・トランスフォーメーション株式ファンド」というテーマ投信について今回は調査してみました。もちろん、どこかで筆者も購入を検討する可能性があるからです。 テーマ投信というのは、金融緩和時のみ好調 ...

続きを見る

 

日興証券はARKと非常に関係が近く、ビジネスパートナーという位置付けなのでしょうね。2020年はARKの名前を出せば投資信託はなんでも売れたと思います。

アーク社について

 

ARKが買った銘柄に個人投資家は群がりました。しかし、それは金融相場限定の話です。

金融引き締めが始まれば、グローステック株のみで運用するARKファンドは大暴落しますし、しました。

ARKKの株価推移

 

相場経験があれば分かることですが、数年株式に触った程度ではこの暴落は避けられず、多くの個人投資家が星になってしまいました。

そんなARK社が調査し選定している銘柄をグローバル・エクスポネンシャル・イノベーション・ファンドは購入していますので、当然のごとく成績は悪いです。

 

「破壊的イノベーション」「SDGs」とは

破壊的イノベーションとは既存の技術やノウハウの価値を破壊し、全く新しい商品やサービスをうを生み出すものと定義しているようです。

また、SDGsは日本でも有名な言葉ですね。

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)別ウィンドウで開くの後継として,2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された,2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

外務省

 

わかりにくいですが、要するにこの世界を持続させていこうという話です。平等、幸福、クリーンな世界とかあの抽象的なやつです。投資家はそんなことよりもリターンを求める必要がありますので、そこまで気にしなくて良いです。

SDGsの17の目標

 

構成上位銘柄(上位10銘柄は全て株価大暴落中)

2022年9月30日時点の上位ポートフォリオは以下となります。

 

銘 柄 名 通 貨 国・地域名 業 種 比率 年初来リターン(10/25時点)
テスラ 米ドル アメリカ 一般消費財・サービス 9.10% -47.18%
ブロック 米ドル アメリカ 情報技術 5.30% -65.26%
ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ 米ドル アメリカ 情報技術 5.10% -56.25%
CRISPRセラピューティクス 米ドル スイス ヘルスケア 5.00% -36.40%
ロク 米ドル アメリカ コミュニケーション・サービス 4.30% -78.29%
トリンブル 米ドル アメリカ 情報技術 4.20% -35.28%
コインベース・グローバル 米ドル アメリカ 金融 3.80% -73.56%
イグザクト・サイエンシズ 米ドル アメリカ ヘルスケア 3.50% -61.49%
ユーアイパス 米ドル アメリカ 情報技術 3.50% -73.35%
トゥイリオ 米ドル アメリカ 情報技術 3.10% -71.78%

 

厳しい、という感想です。全ての銘柄が年初来で大暴落しています。投資家が暴動を起こしそうな水準ですね。

退職金などを投資していないことを祈ります。

 

グローバル・エクスポネンシャル・イノベーション・ファンドの運用実績

グローバル・エクスポネンシャル・イノベーション・ファンドの運用実績をしっかり見ていきましょう。

グローバル・エクスポネンシャル・イノベーション・ファンドの基準価額

基準価額は円安の+30%ほどの追い風があっても、-50%程度となっています。

見るも無惨な運用リターンになっています。私が片手間にやっても勝てそうです。なぜあのコロナバブル期の好調銘柄を未だに握っているのか、理解に苦しみます。

 

ARK社に関しては個人投資家が人気テック銘柄に群がることを理解した上でビジネスしているに過ぎないように思うのですがどうなのでしょうか?

個人を食い物にしているファンドであると言わざるを得ないです。そして投資家も勉強せずに購入している結果なので自己責任の部分は多少はあるのも事実です。厳しいことを言いますが、相場の世界はとても厳しいのです。

野球の練習もろくにせずにメジャーリーグに挑戦しているようなものです。改めましょう。

 

1カ月 3カ月 6カ月 1年 3年(年率) 5年(年率) 10年(年率) 設定来
トータルリターン -6.36% -4.23% -31.95% -47.28% -- -- -- -50.69%

 

指数とのパフォーマンス比較

指数にはあまりにもボロ負けなので、同じく大暴落を演じているグローバルフィンテック株式ファンドを並べました。

  • グローバル・エクスポネンシャル・イノベーション
  • グローバルフィンテック株式ファンド

グローバル・エクスポネンシャル・イノベーションとの比較

指数もマイナスですが、グローバル・エクスポネンシャル・イノベーション、グローバルフィンテック株式ファンドはさらに大きく劣後しています。

どうしようもないですね。復活できるのでしょうか?

 

掲示板での評判

掲示板での評判はあまり良いものは見つかりませんでした。

ここの唯一の救いは  超円安

単純計算で300円/㌦になれば10000円となり原価となる
200円/㌦なら6700円になり損切りもし易い

テスラなどが更に暴落するか、円安が進むのか・・・ホントに五里霧中

 

4660円になってる
ふざけてるわ。
これ進められる理由はわからない
5000円前後で手放すけど、めっちゃ損した

 

金融マンのセールスに騙される

オレだ

 

テスラも6%安ですか…。
もうほんと安値見えてきました
どうしたらよいのですか??
撤退できない

 

阿鼻叫喚ですね。

 

今後の見通し、復活はあるのか

記事内で金融緩和、引き締め局面の話を複数出しましたが、ARKファンドは基本的に金融緩和時に上昇します。

そんなアークと似通ったポートフォリオであるグローバル・エクスポネンシャル・イノベーションファンドも同様に金融緩和時に回復するのかもしれません。

 

緩和はインフレが落ち着き、不況が来ることになった場合に行われる金融施策ですが、今はまだまだインフレ率は8%を超えており、金融緩和は遠いです。

米国 消費者物価指数 (前年比)

 

復活はまだまだ先ですね。首を長くして待ちましょう。でも、コロナバブルで上昇したズームなどが入っているので、そもそも復活しないのかもしれません。筆者はそもそも絶対買わないファンドなので、もし持っている方がいたらどうすれば良いのか、何も言えません。

最後に:資産を飛躍的に増やす方法は明確に決まっている

積み重ねる運用

 

 

資産を大きく増やすにはどうすれば良いのでしょうか?

上場小型ベンチャー株に力一杯、資金を投入。一か八か、株価の急騰を願ったり、信用取引でレバレッジを思いっきりかけてみるのも良さそうです。仮想通貨の草コインも人生一発逆転があるかもしれません。

断言します。上記のような思考の方は一生資産が増えません。

そもそも一発の取引で大儲けを狙えるというのは、同じく容易に資金を溶かす可能性も高いということです。そんなものは投資とは言えません。投機と考えても質が低いです。もう少し丁寧に資産の扱い(延いては人生)を考えてみましょう。思考をガラリと変えてみましょう。

 

大事なのは「リターンが小さくても確実にプラスを、時間をかけて積み重ねていく(複利を生かす)」ことです。世界一の投資家であるウォーレン・バフェット氏も投資で最も大切なのは以下の2つのルールとしています。

 

  1. 絶対にお金を損しないこと。
  2. 絶対にルール1を忘れないこと。

 

 

この「損をしない」「プラスリターンを確実に積み重ねていく(複利を生かす)」という重要性を理解したところで資産運用は始まります。好きな企業の株、高配当・優待目当てなど、あなたの資産を減らしてしまう運用はやめましょう。「Classic」且つ「質実剛健」な資産運用を行なっていくべきです。

 

私も資産運用歴は既にかなり長いです。そしてこの思考に辿り着き、プラスリターン×複利運用を実施してからの資産増加スピードは圧巻でした。この哲学を実践している、私のポートフォリオに入っているファンドも今回まとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

 

-日本中の投資信託を分析

© 2022 株式投資:富裕層が参加する勝者のゲーム Powered by AFFINGER5