掲示板で悪い口コミ連発?買い時?評判のアライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信B・Dコースを徹底評価!2023年以降の今後の見通しを含めて紐解く。

日本中の投資信託を分析

掲示板で悪い口コミ連発?買い時はいつ?評判のアライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信(B/Dコース)を徹底評価!2023年以降の今後の見通しを含めて紐解く。

2022年10月25日

2020年のパンデミック以降、米国の成長株が大きなリターンを出したことで注目が高まりました。

以下は米国の成長株が多く組み入れられているナスダック総合指数の推移です。

ナスダック総合指数

ナスダック総合指数

 

2020年から株価が急上昇しているのがわかります。2022年に大きく下落しましたが2023年になってから大きく回復しています。

このような状況を受けて日本でも米国のグロース株に投資する投資信託が人気を博しました。

その一つが今回、紹介するアライアンスバーンスタイン米国成長株ファンドです。

今回はそんな「アライアンスバーンスタイン米国成長株ファンド」の特徴をお伝えした上で今後の見通しについてお伝えしていきたいと思います。

 

日本国内のおすすめヘッジファンドを一覧にしてランキング形式で掲載!
日本国内のおすすめヘッジファンドを一覧にしてランキング形式で掲載!

今回は私の投資の軸を形成しているヘッジファンド(私募ファンド)への投資について以下の点を含めて記載していきます。   「ヘッジファンドとはそもそも何なのか?」 「何が優れているのか?」 「ど ...

続きを見る

【随時更新】一番儲かる投資信託とは?今買いの投資信託をおすすめ順にランキング形式で紹介!
【随時更新】一番儲かる投資信託とは?2024年今買いの投資信託をおすすめ順にランキング形式で紹介!

日本では非常に数多くの投資信託が組成されています。現在では約6000本の投資信託が存在します。 投資信託全体の運用残高は200兆円に迫る勢いになっています。   投資信託の運用残高の推移 & ...

続きを見る

 

なぜ人気?アライアンスバーンスタイン米国成長株ファンドの特徴とは?

それでは特徴についてみていきたいと思います。

米国のグロース株に投資!構成上位銘柄は大型ハイテク企業が多い

アライアンスバーンスタイン米国成長株ファンドは名前の通り米国のグロース銘柄に投資をしています。

2023年6月末 2023年6月末 2023年4月末 2023年2月末 2022年12月末 2022年9月末
1 マイクロソフト マイクロソフト マイクロソフト マイクロソフト マイクロソフト マイクロソフト
2 アマゾン・ドット・コム VISA ユナイテッドヘルス・グループ ユナイテッドヘルス VISA アルファベット
3 アルファベット ユナイテッドヘルス・グループ VISA VISA ユナイテッドヘルス VISA
4 ユナイテッドヘルス・グループ アルファベット(Google) アルファベット(Google) アルファベット(Google) アルファベット(Google) ユナイテッドヘルス
5 エヌビディア アマゾン・ドット・コム アマゾン・ドット・コム アマゾン・ドット・コム アマゾン・ドット・コム クラルコム
6 VISA エヌビディア バーテックス・ファーマシューティカルズ ゾエティス バーテックス ゾエティス
7 モンスター・ビバレッジ モンスター・ビバレッジ ゾエティス バーテックス ゾエティス バーテックス
8 コストコ・ホールセール フォーティネット モンスター・ビバレッジ モンスタービバレッジ コストコ アマゾンドットコム
9 インテュイティブ・サージカル インテュイティブサージカル コストコ・ホールセール コストコ モンスタービバレッジ コストコ
10 バーテックス・ファーマシューティカルズ バーテックス・ファーマシューティカルズ エヌビディア フォーティネット ホームデポ モンスター・ビバレッジ

 

マイクロソフトやアルファベット(=Google)、VISA、アマゾンなどの大型ハイテク企業をふんだんに組み入れていますね。

これらの銘柄が多く含まれるナスダック100指数の値動きは以下となります。これだけで、大方アライアンスバーンスタインの基準価額の動きが想定できますね。

ナスダック100指数の値動き

ナスダック100指数の値動き

 

なぜ、このようなジェットコースターのような動きになっているのか、今後の値動きはどうなるのかという点については追って見通しの項目でお伝えします。

ちなみに2023年は年初からナスダックが反発していますが、賞味期限は短いと考えています。大型株がAIブームで上昇しているだけであり、小型株に資金が全く入っていないからです。上昇相場は小型株も含めて上昇しなければなりません。

芯が存在しない相場は脆弱なのです。現在はかなりリスクが高い状況下と思われます。例えば以下のように大型企業しか資金流入していません。

大型テックのみが上昇している相場環境

大型テックのみが上昇している相場環境

 

以下のADラインが危険信号を発しています。

ナスダックの値動きとAD Lineのダイバージェンス

AD Lineが下落=幅拾い銘柄が下落している(相場に勢いがないく非常に危うい状態)ことを意味します。
AD LineとはS&P500など対象となる指数を構成する銘柄のうち、上昇した銘柄数と下落した銘柄数を足し合わせて作られた線のことを言います。

※A/D Lineとは上昇銘柄と下落銘柄の差を示すテクニカル指標で指数の上昇が相場全体的な上昇か一部の銘柄によるものかが判断できます。

 

「A」「B」「C」「D」の4つのコースの違いとは?予想分配金提示型とは?

今回主に取り上げるのはDコースですが、アライアンスバーンスタインには4つのコースがあります。

 

Aコース 為替ヘッジあり
Bコース 為替ヘッジなし
Cコース 為替ヘッジあり 毎月決算型 予想分配金提示型
Dコース 為替ヘッジなし 毎月決算型 予想分配金提示型

 

為替ヘッジなしの場合はドル円が上昇すると基準価額は上昇し、ドル円が下落すると基準価額は減少します。

2022年のようにドル円が150円まで上昇する局面ではヘッジ無しが威力を発揮します。

ただ、来年米国の景気が沈没して米国金利が低下する局面ではドル円は下落するのでヘッジありの「A」と「C」の方が有利になると考えています。

 

「C」コースと「D」コースは毎月決算を行い分配金をだすかださないかを決めています。

分配金の基準は以下となっています。

 

前月末の前営業日の基準価額 分配金
11,000円未満 基準価額の水準等を勘案して決定
11,000円以上-12,000円未満 200円
12,000円以上-13,000円未満 300円
13,000円以上-14,000円未満 400円
14,000円以上 500円

 

このように分配金の基準をあらかじめ提示しているので予想分配金提示型としています。

直近2022年5月からの分配金の推移は以下となります。

 

年月 分配金
2022年5月 0
2022年6月 0
2022年7月 100
2022年8月 200
2022年9月 100

 

正直言って長期的な資産形成を考えた時に分配金をだすことは非合理的です。

分配金をだした瞬間に20%の税金がとられるので、再投資するとしても元本が減少してしまうからです。

 

目先の小さな現金より長期的なリターンを選ぶ方が合理的な選択肢といえます。

まとめると2023年から最も合理的なのはドル円下落をヘッジできて分配金を出さないAコースということになります。

 

手数料体系(購入手数料・信託手数料)

外国株に投資しているということで若干高めの設定となっています。

購入手数料:税込3.3%
信託手数料:税込年率1.727%

 

アライアンスバーンスタイン米国成長株ファンド(Aコース/Dコース)の運用実績

それでは肝心の運用実績に移っていきたいと思います。

今回題名にもあげたDコースとさきほど一番合理的と説明したAコースでみていきます。

以下はDコースの成績となります。

アライアンスバーンスタインDコースの基準価額

アライアンスバーンスタインDコースの基準価額

 

この青色が分配金を出さなかった場合の基準価額です。Bコースと似た数値ということになりますね。しかし、実際には分配金をだした瞬間に税金を差し引かれるので青色は実現しえません。灰色と青色の真ん中の成績となります。

上記を見ていただければわかる通り、既に今から投資するなら出遅れています。この点については後でお伝えします。

 

2014年からのチャートとしては素晴らしいですね。元本が4.2倍となっています。

ちなみにAコースは以下の通りとなります。配当金を出すのが半年に一回なので配当前再投資基準価額と実際の基準価額の乖離が小さくなっています。

アライアンスバーンスタインDコースの基準価額

アライアンスバーンスタインDコースの基準価額

1-3月期 4-6月期 7-9月期 10-12月期
2023年 7.28% 8.71% -3.90% -
2022年 -12.09% -19.53% -5.86% 2.21%
2021年 0.30% 14.85% 0.01% 11.68%
2020年 -9.66% 21.48% 9.06% 10.09%
2019年 14.45% 3.32% -0.12% 10.47%
2018年 0.61% 5.42% 6.32% -13.28%

 

2022年のトータルリターンは結局-31.93%となりました。本当にインデックス投資とはボラティリティが高いものですね。

AコースとS&P500指数とナスダック総合指数を比較したものが以下となります。

 

青:アライアンスバーンスタイン米国成長株ファンド
赤:ナスダック
緑:S&P500指数

アライアンスバーンスタイン米国成長株投信とS&P500指数とナスダックの比較

アライアンスバーンスタイン米国成長株投信とS&P500指数とナスダックの比較

 

 

S&P500指数とハイテク銘柄が多く組み入れられているナスダック双方を下回っていますね・・・。

高い手数料を払ってアライアンスバーンスタインに払う理由が見つかりません。もっと良い先はいくらでもあるかと思います。

 

日本国内のおすすめヘッジファンドを一覧にしてランキング形式で掲載!
日本国内のおすすめヘッジファンドを一覧にしてランキング形式で掲載!

今回は私の投資の軸を形成しているヘッジファンド(私募ファンド)への投資について以下の点を含めて記載していきます。   「ヘッジファンドとはそもそも何なのか?」 「何が優れているのか?」 「ど ...

続きを見る

【随時更新】一番儲かる投資信託とは?今買いの投資信託をおすすめ順にランキング形式で紹介!
【随時更新】一番儲かる投資信託とは?2024年今買いの投資信託をおすすめ順にランキング形式で紹介!

日本では非常に数多くの投資信託が組成されています。現在では約6000本の投資信託が存在します。 投資信託全体の運用残高は200兆円に迫る勢いになっています。   投資信託の運用残高の推移 & ...

続きを見る

 

インデックスより高いリターンを安定して出す選択肢とは?

せっかくアクティブファンドに投資をするのであれば、安定してインデックスより高いリターンをだすファンドに投資をしたいのではないでしょうか?

更に長期投資を行うことを考えるとリーマンショックやコロナショックのような暴落をできる限り回避したいですよね。

特に現在は2022年の暴落からの反発局面でファンダメンタル的には、またいつ暴落が発生してもおかしくない環境が整ってきています。(後述)

 

つまり、インデックスより高いリターンを安全性高く期待できる選択肢こそが理想の投資先ということになります。

このような投資先として筆者が注目して実際に投資しているのがヘッジファンドです。

 

ヘッジファンドは市場環境に依拠することなく安定したリターンをだすことを至上命題としており、以下の通り理想的な値動きとなっています。

リーマンショックですら20%以内の下落に抑えているのは非常に魅力的ですよね。

市場環境に影響をうけず高いリターンを叩きだすヘッジファンド

 

以下で筆者も投資している上記のような値動きを実現しているヘッジファンドを中心としてまとめてお伝えしているのでご覧いただければと思います。

 

日本国内のおすすめヘッジファンドを一覧にしてランキング形式で掲載!

 

掲示板での口コミや評判

それでは掲示板での口コミについて紹介したいと思います。

 

Yahoo finance①

ポンタさんと同じ期待ですが、現実的には厳しい状況だと思います。来月のFDRの利上げは間違いないでしょう。「金利が上がれば株価は下がる」のが金融の常識ですから、株価(それに関連する投信の基準価額も)はおそらく下がります。

悲観する必要はまったくありません。基準価額が下がるのですから、分配金はなくても、口数を増やす好機と言えます。

私の場合は取得価格が基準価額とほぼ同じ水準ですので、今のところ買い増しは見送ります。

 

Yahoo finance②

決算日にいつも特別分配金について議論になりますが、毎度同じ討論会になり見ていてつまらない。
特別分配金でやいやい悩むならこのファンドには向いてないので他に行くべきかといつも思います。

 

特別分配金とは運用リターン以上の配当金をだして元本を取り崩している分配金のことです。

特別分配金を出しているということは手数料を払って預金から引き出しているのと同義なので投資家としては望ましくない事態ですよね。

 

ゼウス投信は特別分配金を出している

 

 

Yahoo finance③

去年の今頃までは、ここはひたすら負け知らず。最強の投信だったね。
今じゃ最低のパフォーマンスだが。

 

Yahoo finance④

N村から電話で月曜日に買い増しを勧められました。ここ勧めら購入してから、既に18%のマイナスなんですが・・・。買い増ししましたが大丈夫かなぁ~

 

 

アライアンスバーンスタイン米国成長株ファンドの今後の見通し

重要なのは今後の見通しですが、先ほど見てきた通りS&P500指数とナスダックの間の成績なので米国株市場の見通しを読むことと同義となります。

見通しについては当記事を定期的に更新してお伝えしていっていますが、金融環境は刻一刻と変化していくものです。

随時アップデートしていく類のものですので、最新版について無料メルマガでお伝えしていきたいと思います。以下ご登録いただけますと幸いです。

 

グローバルマーケットレポート

 

以下は1985年からのS&P500指数の推移ですが超長期で平均して年率7%のリターンをだしていますが、約10年毎に停滞期と上昇期がくっきりと分かれています。

 

米国株式は今後停滞が予想される

 

そして、残念なことに2022年から米国株はしばらく厳しい展開となることが想定しておりました。今年2023年はAIをテーマに巨大テックに資金流入がありましたが、中小型株に資金が入っておらず、指数自体は今後は厳しくなると考えています。

インフレを退治するために米国の中央銀行が苛烈な引き締めを実施しておりますが、インフレとは粘着するものだからです。

 

実際に今もインフレはピークアウトはしていませんが粘着しておりFRBの目標とは大きな乖離があり、インフレと金融引き締めで景気は沈没することが確定的な状態となっています。

今後数年、場合によっては10年間米国株は横ばいで推移する可能性もあります。実際、現在と同じインフレが発生していた1970年代は10年間横ばいで推移しましたからね。

 

1970年代のS&P500指数の推移

 

株価が横ばいというのは、トレンドが決まらず株価を先導するセクター不在、そしてそんな相場は玄人にしかリターンは出せません。株式市場の場合は、自分が玄人でなければ玄人に手数料を払って任せることができる特殊な場です。

自分の代わりに錦織圭選手にテニスの大会でプレーしてくれということにはなりませんからね。

 

しかし、運用に関してはプロに任せることができるので、どんどん活用すべきかと思います。

アライアンスバーンスタインのようなファンドはテーマファンドの側面が強く、プロに任せるというよりは、投資家の力が試されてしまうように見えます。

より良い投資先を模索していきましょう。

 

日本国内のおすすめヘッジファンドを一覧にしてランキング形式で掲載!
日本国内のおすすめヘッジファンドを一覧にしてランキング形式で掲載!

今回は私の投資の軸を形成しているヘッジファンド(私募ファンド)への投資について以下の点を含めて記載していきます。   「ヘッジファンドとはそもそも何なのか?」 「何が優れているのか?」 「ど ...

続きを見る

 

 

まとめ

アライアンスバーンスタイン米国成長株ファンドは米国の成長株に投資する投資信託です。以下の4つが存在します。

 

Aコース 為替ヘッジあり
Bコース 為替ヘッジなし
Cコース 為替ヘッジあり 毎月決算型 予想分配金提示型
Dコース 為替ヘッジなし 毎月決算型 予想分配金提示型

 

現在の情勢を考えると為替ヘッジありで分配金をださない「Aコース」が合理的になります。しかし、米国株はしばらく厳しい環境であるため、これから投資する方は我慢の時を迎えることになります。

最後に:資産を飛躍的に増やす方法は明確に決まっている

積み重ねる運用

 

 

資産を大きく増やすにはどうすれば良いのでしょうか?

上場小型ベンチャー株に力一杯、資金を投入。一か八か、株価の急騰を願ったり、信用取引でレバレッジを思いっきりかけてみるのも良さそうです。仮想通貨の草コインも人生一発逆転があるかもしれません。

断言します。上記のような思考の方は一生資産が増えません。

そもそも一発の取引で大儲けを狙えるというのは、同じく容易に資金を溶かす可能性も高いということです。そんなものは投資とは言えません。投機と考えても質が低いです。もう少し丁寧に資産の扱い(延いては人生)を考えてみましょう。思考をガラリと変えてみましょう。

 

大事なのは「リターンが小さくても確実にプラスを、時間をかけて積み重ねていく(複利を生かす)」ことです。世界一の投資家であるウォーレン・バフェット氏も投資で最も大切なのは以下の2つのルールとしています。

 

  1. 絶対にお金を損しないこと。
  2. 絶対にルール1を忘れないこと。

 

 

この「損をしない」「プラスリターンを確実に積み重ねていく(複利を生かす)」という重要性を理解したところで資産運用は始まります。好きな企業の株、高配当・優待目当てなど、あなたの資産を減らしてしまう運用はやめましょう。「Classic」且つ「質実剛健」な資産運用を行なっていくべきです。

 

私も資産運用歴は既にかなり長いです。そしてこの思考に辿り着き、プラスリターン×複利運用を実施してからの資産増加スピードは圧巻でした。この哲学を実践している、私のポートフォリオに入っているファンドも今回まとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

 

-日本中の投資信託を分析
-,

© 2024 株式投資:富裕層が参加する勝者のゲーム Powered by AFFINGER5