SMBC:三井住友ファンドラップを紐解く。評判は悪いが実際のリターンは?

ヘッジファンド

SMBC:三井住友ファンドラップを紐解く。評判は悪いが実際のリターンは?

以前にファンドラップについて色々と述べましたが、実際の商品も観察対象として少し調べてみました。

SMBCファンドラップについて調べてみたので、ここで共有します。

ファンドラップの概要は以下で確認してください。

【ファンドラップとは?】あまりにもひどいと評判?大手金融機関が本腰で乗り出している商品のリターンや手数料を比較

 

SMBCファンドラップの概要

SMBCファンドラップはその名の通り、三井住友銀行が提供している富裕層向けサービスの一つです。

 

SMBCファンドラップ

 

金融商品とも言えます。富裕層向けのサービスという触れ込みではありますが、300万円程度から契約できるので、どちらかというと一般層への金融商品です。

富裕層向けという方が、顧客の気分が良くなり売れやすいのかもしれません。300万円で富裕層はあまりにも厳しい気がします。

 

ファンドラップとはそもそも何かというと、個人投資家が金融機関にまるっと運用をお願いするような商品です。

ファンドラップの仕組み

 

まるっとお願いの中でも、安定的なリターンが欲しい、積極的なリターンが欲しいなどの要望を聞いて、投資家の意向に沿った運用スタイルで運用を代わりに実施していくという感じです。

一流の金融機関が自分の代わりに運用してくれるのですから、期待してしまいますよね。実際の運用リターンについては後述していきます。

 

商品の詳細は以下となっています。

 

当初契約金額 300万円以上1万円単位
運用対象商品 SMBCファンドラップ専用の14本の投資信託および日興MRF
契約期間 1年(1年ごとの自動延長)
運用開始日 原則として、契約開始日の3営業日後(契約開始日から起算して4営業日目)
入金期日 運用開始日の2営業日前(2営業日前の17時30分まで入金が確認できない場合は契約失効となります)
報酬 「固定報酬型」と「成功報酬併用型」よりお選びいただけます。

  • 契約期間中1回かぎり
  • 決算日の1か月前までにお手続きが必要です
追加入金 100万円以上1万円単位
一部解約 10万円以上10万円単位

一部解約後の純資産総額が、以下のいずれか大きい金額を下回る場合、解約はできませんのでご留意ください。

  • 300万円
  • 一部解約申込日の前営業日の純資産総額の10%相当額
契約の解除(全額解約) 運用開始日以降可能

 

個人投資家が選べる運用方針(6種)

ファンドラップがどのようなものか、SMBCが提供するファンドラップとはどのようなものなのかを上記で見てきました。

オーダーメードでファンドを運用してくれると言っても、どのように金融機関にお願いすればわからないという方も安心です。

 

6種類のプランから選べることになっています。

6つの「運用コース」のイメージ

安定思考な方は安定型やより安定型を選べば良いですし、積極的にリターンが欲しい人はやや積極型、積極型を選べば良いでしょう。

退職金を受け取り年金生活に入る方などは安定型を選ぶのが普通でしょう。まだまだ50代以下であれば積極型などを選ぶのも良いかもしれません。

 

積極型は外国株式や日本株式などの比率が高いですね。イメージ図ではありますが、リスクを取るとはそのような運用になることは間違い無いです。

マイナスを出してしまっては、ファンドラップの高い手数料とダブルパンチになってしまいますので、安定型を選んだ方が良いような気がします。

 

 

SMBCファンドラップの手数料は?

SMBCファンドラップの手数料は以下の通りです。

固定報酬型(基本報酬率:上限年率1.54%<消費税込>
お客さまの純資産総額に応じた基本報酬率をもとに計算した基本報酬額を、原則として四半期ごとにお客さまの運用資産からお支払いいただきます。

成功報酬併用型(基本報酬率:上限年率1.21%<消費税込>、成功報酬率:該当利益に対し一律11.0%<消費税込>
基本報酬率をもとに計算した基本報酬額を、原則として四半期ごとにお支払いいただきます。加えて、原則として1年間の運用で一定の利益が出た場合、その利益に対して成功報酬率をもとに計算した成功報酬額を、お客さまの運用資産からお支払いいただきます。

https://www.smbc.co.jp/kojin/fundwrap/

 

固定報酬型(基本報酬率:上限年率1.54%<消費税込>と、

成功報酬併用型(基本報酬率:上限年率1.21%<消費税込>、成功報酬率:該当利益に対し一律11.0%<消費税込>

のいずれかを投資家が選ぶことになります。筆者であれば間違いなくBですね。固定にしてしまうと本気で運用してくれない気がします。

 

そして追加で投信売買手数料や信託報酬などの負担もかかってきます。

上記報酬以外に各ファンドに係る信託報酬、有価証券等の売買手数料、信託事務の処理等に要する諸費用(監査報酬を含みます)をファンドの信託財産から間接的にご負担いただきます。

ファンド・オブ・ファンズ形式で運用されるファンドについては、投資対象として組み入れる投資信託(以下、「サブ・ファンド」といいます)に係る信託報酬等の諸費用を別途ご負担いただきます。また、サブ・ファンドについて信託財産留保額が設定されている場合は、換金にあたっては(リバランス時も含みます)当該信託財産留保額をファンドの信託財産から間接的にご負担いただきます。

 

インデックスファンドの売買手数料は0%〜0.7%程度、信託報酬は0.1%程度です。

アクティブファンドの手数料は売買手数料が3%程度、信託報酬が1.5%程度です。

SMBCの場合はSMBCファンドラップ専用のファンドを買うということで、手数料は流石にもう少し低くするものと思います。

 

まとめると、固定報酬型(基本報酬率:上限年率1.54%<消費税込>)を選ぶと手数料は、

総資産に対して最大で1.54%+4.5%(買い付け手数料は初年度のみ)となります。6%かからない位と認識しておけばいいと思います。

成功報酬併用型(基本報酬率:上限年率1.21%<消費税込>、成功報酬率:該当利益に対し一律11.0%<消費税込>

の場合は最大で1.21%+4.5%(買い付け手数料は初年度のみ)となります。成功報酬として利回り3%程度出た場合はAと同等になります。こちらも6%かからない位と認識しておけばいいと思います。

リターンが10%など出た場合は、6%を超えてきますが、10%も出してくれるなら払ってもいいでしょう。

 

ファンドラップは上記の通り手数料がどうしても高くなります。丸投げで運用してもらうのだから当たり前です。

しかし、ファンドラップの手数料を抑える方法があります。

それが長期ご契約割引です。

『長期ご契約割引』を適用2年以上運用する契約をすれば、手数料が30%割引になるとなっています。6%の手数料が4.2%になるといった感じです。

成績が本当に良いファンドラップであれば、それも良い選択肢になるかと思います。

 

実際のSMBCファンドラップのリターンを見ていきましょう。

 

参考までに、以下は他ファンドラップの手数料体系です。

 

野村證券 大和証券 SMBC日興証券 東海東京証券
固定報酬タイプ 0.44~1.738% 0.385~1.76% 0.22~1.32%

0.825~1.65%

投資一任料/投資顧問料 0.176~0.418%

0.09~0.34%

目論見書に記載 0.495~0.99%
手数料/取引管理 0.264~1.32%

0.26~1.26%

目論見書に記載 0.33~0.66%
実績報酬併用タイプ 0.352~1.529%+積み上げ額の11% -- 0.198~1.118%+超過部分成功報酬 0.56~1.122%+成功報酬
投資一任料/投資顧問料 0.176~0.418% -- 目論見書に記載 0.231~0.66%
ファンドラップ手数料/取引管理 0.264~1.32% -- 目論見書に記載 0.33~0.66%
その他 運用益が積みあがった場合のみ、積み上げ額の11% -- 計算期間最終日における基本報酬控除後の時価評価がHWMを超過した額の11% 計算基準日の時価評価額が、HWMを上回った場合に、その差額を運用益として16.5%
信託財産 最大1.35%±0.7% 目論見書に記載 最大0.685% 最大1.36%程度
信託財産留保額 最大0.5% 目論見書に記載 目論見書に記載 最大0.3%
その他費用 目論見書に記載 目論見書に記載 最大2%程度 目論見書に記載

 

SMBCファンドラップの評判、口コミは?

下落耐性はあまりなさそうな印象です。資産運用で大切なのは資産を守ることですからね。

 

 

SMBCファンドラップのリターン

実際は10年ほどの運用利回りで判断していきたいですし、そもそもファンドラップの運用利回りは安定型の利回りなのか?積極型の利回りなのかも不透明で良くわかりません。

金融庁が調査して内容としては以下の通りとなっています。5年の平均利回りは4.1%、3年は6.7%となっていますね。

 

合計残高(億円) 平均信託報酬
残高荷重平均(%)
ファンドラップフィー 過去3年 過去5年
シャープレシオ リターン シャープレシオ リターン
ダイワファンドラップ プレミアム 979.68 0.88 1.4300 1.54 8.1 1.15 6.0
Mizuho Fund Wrap 2699.91 0.60 0.7700 1.13 8.0 0.79 5.0
野村SMA 12859.84 0.78 1.0450 1.18 7.6 0.70 4.0
野村ファンドラップ 17536.54 0.68 1.1605 1.17 7.8 0.69 4.3
ダイワファンドラップ 26899.08 1.13 1.5400 1.05 8.2 0.66 4.7
SMBCファンドラップ 6512.03 0.74 1.4850 0.98 6.7 0.63 4.1
ウエルス・スクエア ファンドラップ 1398.14 0.60 1.3750 1.03 5.1 0.60 2.7
日興ファンドラップ 18741.10 1.3200 0.91 7.7 0.54 4.1
水戸ファンドラップ 999.27 0.37 2.2000 1.03 6.6 0.52 3.1
みずほファンドラップ 1355.14 0.24 1.6500 0.77 5.8 0.49 3.2
三井住友信託ファンドラップ (SMA) 8295.60 1.13 1.6500 0.93 7.1 0.48 3.3
いちよしファンドラップ 1663.41 1.43 2.0240 0.77 7.5 0.46 4.0
ダイワSMA 963.57 0.61 2.2000 0.53 3.6 0.32 2.2
MUFGファンドラップ 4867.70 0.33 1.5400 0.35 1.2 0.30 0.9
東海東京ファンドラップ 1382.75 0.35 1.6500 0.50 1.9 0.20 0.6
ON COMPASS+ 202.55 1.66 0.0000 1.12 10.0  -  -
ダイワファンドラップオンライン ( 253.21 0.28 1.1000 1.11 8.7  -  -
りそなファンドラップ 7336.58 0.64 1.1385 1.01 4.3  -  -
アイザワファンドラップ 555.65 0.58 1.6500 0.84 6.8  - -

 

3年の運用利回りが良いのはコロナバブルのおかげであることが理由でしょう。5年はその恩恵を受けても4%ですので、ぎりぎりプラスになった年が複数年あるのでは無いかと思います。

上記の利回りは、他ファンドラップなども並べていますが、運用方針によって利回りが違うのは当然です。調査されたので、一番良かった利回りを各社出しているのだと思います。ほとんどが積極型では無いでしょうか。

 

年平均利回り4%程度であれば、わざわざファンドラップを利用する意味もあまり無い気がします。

 

 

まとめ

SMBCファンドラップについてまとめてきました。ダイワファンドラップなどに比べるとアンダーパフォームしていますね。

5年利回りが4%程度ですと、米国のインデックスファンド(平均年率7%程度)さえ上回れない状況です。

世の中には他にも魅力的な商品が多々ありますので、引き続き模索していきましょう。

 

 

最後に:資産を飛躍的に増やす方法は明確に決まっている

積み重ねる運用

 

 

資産を大きく増やすにはどうすれば良いのでしょうか?

上場小型ベンチャー株に力一杯、資金を投入。一か八か、株価の急騰を願ったり、信用取引でレバレッジを思いっきりかけてみるのも良さそうです。仮想通貨の草コインも人生一発逆転があるかもしれません。

断言します。上記のような思考の方は一生資産が増えません。

そもそも一発の取引で大儲けを狙えるというのは、同じく容易に資金を溶かす可能性も高いということです。そんなものは投資とは言えません。投機と考えても質が低いです。もう少し丁寧に資産の扱い(延いては人生)を考えてみましょう。思考をガラリと変えてみましょう。

 

大事なのは「リターンが小さくても確実にプラスを、時間をかけて積み重ねていく(複利を生かす)」ことです。世界一の投資家であるウォーレン・バフェット氏も投資で最も大切なのは以下の2つのルールとしています。

 

  1. 絶対にお金を損しないこと。
  2. 絶対にルール1を忘れないこと。

 

 

この「損をしない」「プラスリターンを確実に積み重ねていく(複利を生かす)」という重要性を理解したところで資産運用は始まります。好きな企業の株、高配当・優待目当てなど、あなたの資産を減らしてしまう運用はやめましょう。「Classic」且つ「質実剛健」な資産運用を行なっていくべきです。

 

私も資産運用歴は既にかなり長いです。そしてこの思考に辿り着き、プラスリターン×複利運用を実施してからの資産増加スピードは圧巻でした。この哲学を実践している、私のポートフォリオに入っているファンドも今回まとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

 

-ヘッジファンド

© 2022 株式投資:富裕層が参加する勝者のゲーム Powered by AFFINGER5