評判の大和証券「ダイワファンドラップ」を運用実績や口コミを含めて評価!大損の可能性あり?

資産運用の知識

評判の大和証券「ダイワファンドラップ」を運用実績や口コミを含めて評価!大損の可能性あり?

ファンドラップは投資家が証券会社と投資一任契約を結んで、ヒアリングの内容をもとに投資家に代わって資産運用を行うサービスです。

ヒアリングを通じて投資家毎のリスク許容度に応じたポートフォリオを組成してポートフォリオを組みます。

資産運用を任せることができる仕組みとして投資初心者を中心に人気が高まっています。

ファンドラップの仕組み

 

現在運用残高は11兆円を超える規模まで拡大しています。

本日とりあげる大和証券のファンドラップ「ダイワファンドラップ」も2.5兆円の規模となっています。

 

運用残高が伸び続けるダイワファンドラップ口座

 

本日はダイワファンドラップの特徴と、運用実績や今後の見通しについてお伝えしていきたいと思います。

 

ダイワファンドラップの4つのコース

ダイワファンドラップは4つのコースで構成されています。

  • ダイワファンドラップ 
  • ダイワファンドラップ -PREMIUM-
  • あんしんつながるラップ
  • ダイワファンドラップ-ONLINE-

それぞれのコースについて特徴をみていきたいと思います。

 

ダイワファンドラップ

最も基本的なコースですね。概要は以下となります。

ダイワファンドラップ
契約金額 300万円以上1万円毎
契約の終了 契約から3ヶ月以降
運用プラン 安定
やや安定
バランス
やや積極
積極
資産クラス 日本株式
外国株式
日本債券
外国債券
J-REIT
外国REIT
コモディティ
ヘッジファンド
手数料 ファンドラップフィー
+
信託手数料

 

ヒアリングを元に「安定」から「積極」までの5つのコースからの選択となります。300万円から始められるということで次のプレミアムプランよりは敷居は低くなっています。

手数料体系についてはコースの説明のあとに詳しく取り上げたいと思います。

 

ダイワファンドラップ -PREMIUM-

次にPREMIUMです。

株式への投資比率、為替ヘッジの有無など顧客のニーズに併せて700通りの運用スタイルから顧客に併せて選択していきます。

 

ダイワファンドラップ-PREMIUM-
契約金額 3000万円以上1万円毎
契約の終了 契約から3ヶ月以降
運用プラン より安定
安定
やや安定
バランス
やや積極
積極
より積極
資産クラス 日本株式
外国株式(為替ヘッジあり/なし)
日本債券
外国債券(為替ヘッジあり/なし)
J-REIT
外国REIT(為替ヘッジあり/なし)
コモディティ
ヘッジファンド
手数料 ファンドラップフィー
+
信託手数料

 

通常のプランに加えて「より安定」と「より積極」が加わっています。

 

ダイワファンドラッププレミアムのリスクリターン

最低出資金が3000万円以上と、ある程度裕福な方を対象としています。

 

安心つながるラップ

安心つながるラップは名前の通り、資産継承を主軸においたファンドラップ サービスです。

通常の運用に加えて財産継承のプランニングを大和証券のスタッフと税理士監修のもと行ってくれます。

 

安心つながるラップ
契約金額 3000万円以上1万円毎
65歳以上
契約の終了 契約から3ヶ月以降
運用プラン 資産保全重視
より安定
安定
やや安定
バランス
やや積極
積極
資産クラス 日本株式
外国株式
日本債券
外国債券
J-REIT
外国REIT
コモディティ
ヘッジファンド
債券総合戦略
複合資産戦略
手数料 ファンドラップフィー
+
信託手数料

 

資産継承を主眼においているため、資産保全重視型という最もリスクをとらないプランが用意されています。

ただ、正直高いファンドラップフィーを払ってほとんど利益が見込めない運用をする必要があるのかという疑問が残ります。

 

ダイワファンドラップ-ONLINE-

大和証券が提供する所謂ロボアドバイザーです。ウェルスナビやTHEOなどと同じですね。

一番低コストで簡単に運用できるので、もし利用するとしてもこのプランで十分だとおもいますが、リターンが高いかは疑問が残ります。(後述)

 

ダイワファンドラップ-Online-
契約金額 1万円以上1万円毎
契約の終了 契約から3ヶ月以降
運用プラン より安定
安定
やや安定
バランス
やや積極
積極
より積極
資産クラス 日本株式
外国株式(為替ヘッジあり/なし)
日本債券
外国債券(為替ヘッジあり/なし)
J-REIT
外国REIT(為替ヘッジあり/なし)
コモディティ
ヘッジファンド
手数料 一律1.1%(税込)

 

ダイワファンドラップの手数料形態

手数料形態以外のダイワファンドラップの手数料形態についてみていきたいと思います。

ダイワファンドラップの手数料はファンドラップフィーと信託手数料の二階建てとなっています。

 

ファンドラップフィーは資産運用を相談することに伴う費用となります。

所謂コンサルティングフィーですね。

 

ファンドラップフィー 資産保全重視 より安定 安定 やや安定 バランス やや積極 積極 より積極
1,000万円以下の部分 0.770% 1.100% 1.540% 1.540% 1.540% 1.540% 1.540% 1.760%
1,000万円超
3,000万円以下の部分
0.935% 1.320% 1.375% 1.430% 1.485% 1.540% 1.760%
3,000万円超
1億円以下の部分
0.715% 0.880% 0.990% 1.100% 1.210% 1.320% 1.485%
1億円超
3億円以下の部分
0.550%
(0.50%)
0.660% 0.770% 0.825% 0.880% 0.935% 0.990% 1.100%
3億円超
5億円以下の部分
0.550% 0.605% 0.638% 0.660% 0.682% 0.715% 0.770%
5億円超の部分 0.385% 0.418% 0.429% 0.429% 0.429% 0.440% 0.473%

 

バランスプランで8000万円を運用する場合のファンドラップフィーは以下となります。

 

〜1000万円まで 15.4万円
1000万円〜3000万円部分 28.6万円
3000万円〜8000万円部分 49.5万円
合計 93.5万円
最終的なファンドラップフィー率 年率1.17%

 

さらにここに投資している投信の信託手数料が発生します。

投信は大和証券が提供している投信から選択となるので基本的に年率1.0%-2.0%と考えた方がよいでしょう。

つまり、合計すると年率3%以上の手数料が発生するということになります。

 

ダイワファンドラップの運用実績を他のファンドラップ と比較

ダイワファンドラップ は様々なプランがあるので、全てに対してリターンを出すのは不可能です。

ただ、金融庁が各ファンドラップ のデータを発表してまとめてくれています。

 

年間費用 過去3年
2019年〜2021年末

手数料控除後年率リターン
過去5年
2017年〜2021年末

手数料控除後年率リターン
ダイワファンドプレミアム 1.43 8.09 5.99
楽ラップ 0.72 10.39 6.47
ON COMPASS 0.00 11.87 6.87
野村SMA (エグゼクティブラップ) 1.05 7.60 3.99
野村ファンドラップ 1.16 7.84 4.26
ダイワファンドラップ 1.54 8.23 4.74
SMBCファンドラップ 1.49 6.73 4.11
ウエルススクエアファンドラップ 1.38 5.11 2.72
日興安堵ラップ 1.32 7.70 4.11
水戸ファンドラップ 2.20 6.56 3.08
みずほファンドラップ 1.65 5.76 3.18
三井住友信託ファンドラップ  (SMA) 1.65 7.15 3.35
いちよしファンドラップ 2.02 7.47 4.00
ダイワSMA 2.20 3.60 2.23
MUFGファンドラップ 1.54 1.18 0.90
東海東京ファンドラップ 1.65 1.87 0.64

参照:「国内運用会社の運用パフォーマンスを示す代表的な指標(KPI)の測定と国内公募投信についての諸論点に関する分析」の公表について

 

ダイワファンドラップ プレミアムは過去3年で8.09%、過去5年で5.99%と素晴らしい成績を残しています。

ただ、2017年から2021年末は市場が非常に堅調に推移した時期でもありました。

 

この5年間で全世界の株式に投資しているVTは2017年の最初に$60から2021年末までに$106まで上昇しました。

年率に直すと13%のリターンになります。かなり好調な時期の追い風参考記録であるということは考慮に入れる必要があります。

 

VTの株価推移

 

一方2016年時点にリサーチ会社が公表しているデータによると以下の通りとなります。

つまり以下は2016年までのリターンのデータとなります。

 

ファンドラップ ネットリターン
①(=②-③)
過去の運用実績② 手数料③
SMBCファンドラップ 8.068% 年率9.58% 1.512%
三井住友信託ファンドラップ 4.688% 年率6.20% 1.512%
野村ファンドラップ 4.569% 年率5.93% 1.361%
ダイワファンドラップ 2.855% 年率4.367% 1.512%
日興ファンドラップ ▲2.176% 年率▲0.88% 1.296%
みずほファンドラップ ▲3.440% 年率▲1.82% 1.620%

 

ダイワファンドラップ のリターンは2008年からなのですがリーマンショック後の上げ相場で年率2.85%というのは正直物足りないですね。

 

2022年のリターンは恐らく厳しいものとなっていることが想定される

最初のデータはあくまで2021年末までのリターンです。

しかし、2022年に入ってからインフレに対応するために中央銀行が金利を引き上げていることにより株式も債券も下落しています。

先ほどとおなじ全世界の株式に投資しているVTは2022年の年初から108ドルから80ドルまで約25% 下落しています。

2022年に入ってからの全世界株式のチャート

 

更に金利が上昇していることで債券価格は下落しています。(わかりづらいですが、債券価格は金利が上昇すると下落します。)

代表的な債券ETFであるTLTも2022年に入ってから148ドルから90ドルまで約40%下落しています。

TLTの価格の推移

そして、この傾向は現在進行中で終わりは見えていません。なぜならインフレがおさまっていないからです。

株も債券も金利上昇でREITも全て落ちる状況では、いくら分散していても今後も厳しい見通しとなります。

 

更に安定して高いリターンを見込める選択肢

折角プロに一任するのであればファンドラップより魅力的な選択肢があります。

それが、筆者のポートフォリオの主軸をなしているヘッジファンドです。

 

ヘッジファンドは株や債券が下落する局面でも安定したリターンをだして機関投資家や富裕層から選好されています。

以下の通りITバブルの崩壊やリーマンショックも乗り切り年率10%程度で安定したリターンを積み重ねています。

 

市場環境に影響をうけず高いリターンを叩きだすヘッジファンド

 

一度預けたらお任せという点でファンドラップ と同じでリターンが優れている上位互換といったところですね。

以下では筆者が投資しているファンドを含めて国内の投資家が投資できるヘッジファンドをランキング形式でお伝えしていますのでご覧いただければと思います。

 

【2022年】日本国内のおすすめヘッジファンドを一覧にしてランキング形式で掲載!投資する際に気をつけたいポイントなど網羅的に解説。

 

ダイワファンドラップ の口コミや評判

口コミについては口コミサイトで以下のようなものがありました。

良い口コミ

良い口コミに関しては、資産運用を任せることができる手軽さにフォーカスしたものが多くなっています。

 

大手の証券会社が提供しているという安心感が大きいアドバイザーです。投資におけるプロセスをほぼ全て自動で行ってくれるので、自分で決定する手間が省けます。銘柄についてさほど詳しくなくても投資をはじめることができます。自動で任せられる部分が多い分、手数料が割高になっているように感じました。しばらくはこちらを使って勉強をしたいと思います。パソコンやスマホを使って、オンラインでの手続きも簡単なので始めやすかったです。解約には契約終結から三ヶ月後になるので、短期で試したい方は注意が必要です。

 

わからないことがあったら実際の店舗に行って相談出来ることが良い点だと思います。大和証券は店舗も多いですしね。

元々、私は将来のために預貯金はしていたのですが、証券投資という資産運用は考えていませんでした。
しかし、シミュレーションやヒアリングをした結果、証券や債券など、分散投資を行った方が預貯金で得られる金利よりも利率が良いことがわかりました。

 

悪い口コミ

最終的に元本割れしている方が結構いらっしゃる様子で不満を述べられている方が多い印象です。

 

他の方の口コミにあったように都合の悪いことはいわないで完全にカモにされました。これなら、銀行の低利息の普通預金に入れていたほうがよっぽど元本割れもなかった。
3ヶ月ごとの手数料もばかにならないし信頼して相談したのに、これなら一つの銘柄の株を買えば良かった。

 

大和証券 ラップはコストが高いので 5年所有しているが 元本割れ 強引な営業マンにかもにされないように 注意してください。

 

 

まとめ

ダイワファンドラップは大和証券が提供しているファンドラップサービスです。

ファンドラップ サービスの中では直近は良好なリターンをだしていますが、あくまで追い風参考記録です。

2016年までのデータでみると年率3%未満のリターンとなっており、リターンにかなりのブレがあることがわかります。

折角、資産運用を任せるのであれば安定して高いリターンをだせる投資先を選択しましょう。

最後に:資産を飛躍的に増やす方法は明確に決まっている

積み重ねる運用

 

 

資産を大きく増やすにはどうすれば良いのでしょうか?

上場小型ベンチャー株に力一杯、資金を投入。一か八か、株価の急騰を願ったり、信用取引でレバレッジを思いっきりかけてみるのも良さそうです。仮想通貨の草コインも人生一発逆転があるかもしれません。

断言します。上記のような思考の方は一生資産が増えません。

そもそも一発の取引で大儲けを狙えるというのは、同じく容易に資金を溶かす可能性も高いということです。そんなものは投資とは言えません。投機と考えても質が低いです。もう少し丁寧に資産の扱い(延いては人生)を考えてみましょう。思考をガラリと変えてみましょう。

 

大事なのは「リターンが小さくても確実にプラスを、時間をかけて積み重ねていく(複利を生かす)」ことです。世界一の投資家であるウォーレン・バフェット氏も投資で最も大切なのは以下の2つのルールとしています。

 

  1. 絶対にお金を損しないこと。
  2. 絶対にルール1を忘れないこと。

 

 

この「損をしない」「プラスリターンを確実に積み重ねていく(複利を生かす)」という重要性を理解したところで資産運用は始まります。好きな企業の株、高配当・優待目当てなど、あなたの資産を減らしてしまう運用はやめましょう。「Classic」且つ「質実剛健」な資産運用を行なっていくべきです。

 

私も資産運用歴は既にかなり長いです。そしてこの思考に辿り着き、プラスリターン×複利運用を実施してからの資産増加スピードは圧巻でした。この哲学を実践している、私のポートフォリオに入っているファンドも今回まとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

 

-資産運用の知識

© 2022 株式投資:富裕層が参加する勝者のゲーム Powered by AFFINGER5