ヘッジファンド型運用が評判の投資信託「ダブル・ブレイン」を徹底評価!野村アセットが運用するオルタナティブ投信を暴く。

日本中の投資信託を分析

ヘッジファンド型運用が評判の投資信託「ダブル・ブレイン」を徹底評価!野村アセットが運用するオルタナティブ投信を暴く。

ダブル・ブレインはMorning Starのファンド・オブ・ザ・イヤーのオルタナティブ型部門の最優秀ファンドとして選出された投資信託です。

 

ファンド・オブ・ザ・イヤーのオルタナティブ型部門

 

そもそもオルタナティブ投資という言葉自体初めての方が多いのではないでしょうか?

オルタナティブ投資は株や債券といった伝統的な資産とは異なる動きをする資産を指します。

近年、ポートフォリオの安定性を保つ目的として機関投資家に重用されています。

 

 

ダブルブレインはまさにオルタナティブ投資的な運用を行うことを目的として野村アセットマネジメントが運用している投資信託です。

本日はダブルブレインがどのような投資信託なのか?運用手法や成績からみて魅力的な投資信託なのか?という点についてお伝えしていきたいと思います。

 

関連記事>>> 日本中の投資信託を分析

 

投資信託「ダブルブレイン」の特徴とは?

まずダブルブレインの特徴についてお伝えしていきたいと思います。

主にマン・ファンズIX-マン・インスティテューショナル・ ポートフォリオ・チタニウムに投資

ダブルブレインはファンドに投資をするファンドであるファンド・オブ・ファンズ形式で運用されています。

しかし、大半をマングループの参加であるAHLが運用するマン・ファンズIX-マン・インスティテューショナル・ ポートフォリオ・チタニウムに投資をしています。

 

マングループはロンドンに本社を置く世界的に有名なヘッジファンドです。傘下のAHLは数学や物理学の博士号取得者が多く在籍する金融工学の専門者集団です。

金融テクノロジーによる資産運用を1987年から世界に先駆けて開始しています。

 

マン・ファンズIX-マン・インスティテューショナル・ ポートフォリオ・チタニウムは二つの戦略で運用しています。

それぞれの比率は以下の通りとなっています。

 

 

構成比率
ターゲットリスク戦略 86%
ダイバーシファイド戦略 14%

 

 

運用手法①:ターゲットリスク戦略

ダブルブレインは二つの戦略で運用されています。まずは1つめのターゲットリスク戦略についてお伝えしていきたいと思います。

 

ターゲットリスク戦略は、各投資対象を買い持ち(ロング)するポジションをとり、安定した収益の獲得を目標に運用を行ないます。運用にあたっては、各投資対象のボラティリティを考慮し、ポートフォリオ全体のリスク水準が一定の範囲内に収まるよう調整します。また、投資対象の下 落リスクを抑制する多数の独自の定量モデルを活用します。

参照:「ダブルブレイン」の交付目論見書

 

リスクとは価格のブレ幅のことを指します。

「株式」「インフレ連動債」「クレジット」「債券」「コモディティ」に分散投資をしています。2022年2月末時点でのポートフォリオは以下となります。

債券ポーションが最も大きくなっています。保守的ですね。

 

セクター別配分

 

各セクター別配分の推移は以下となります。合計100%を超えていることからレバレッジをかけて運用していることが分かりますね。

 

セクター別配分の推移

 

赤枠でかかっているのがブレーキ発動タイミングです。

 

  • ブレーキ発動は10分毎に株と債券の価格動向を分析し、相関が高まり同時に下落する局面で発動します。
  • ブレーキの発動タイミングが必ずしもファンドへプラスのパフォーマンスを与えるとは限りません。

 

過去からの月間リターンのをプロットしたものは以下となります。

 

ターゲットリスク戦略の月間騰落率の累積分布

下落幅を限定して安定しているとはいえ、トータルのリターンは低くなっています。

 

運用手法②:ダイバーシファイド戦略

もう一つの戦略がダイバーシファイド戦略です。

 

ダイバーシファイド戦略は、各投資対象を売り持ち(ショート)または買い持ち(ロング)するポジションをとり、市場の上昇トレンドならびに下降トレンドの双方に追随し、絶対収益の獲得を目標に積極的な運用を行ないます。運用にあたっては、日々の価格データ等を勘案した多数の独自の定量モデルと24時間体制の取引システムを活用し各投資対象の相関、流動性およびボラティリティ等を考慮し、機動的かつシステマティックにポジションを調整します。

参照:「ダブルブレイン」の交付目論見書

 

ダイバーシファイド戦略はいわゆるロングショート戦略というものです。

買うだけではなく、空売りを用いて下落相場も収益獲得を目指す運用を行います。現在の各資産のポジションは以下の通りとなっています。

(2022年2末時点)

セクター ロング ショート ネット
株式 47.10% -44.60% 2.50%
通貨 113.10% -113.10% 0.00%
クレジット 0.80% -69.00% -68.20%
債券・金利 12.40% -142.70% -130.30%
コモディティ 68.20% -2.00% 66.30%

 

※ロング/ショート比率のマイナス表記はショートを表しています。

以下は昨年の6月なのですが、株式のロング(買い)がドラスティックに減少しています。

コモディティが増加しています。インフレですからね。容易にポーション変更の理由は想像がつきます。

 

(2021年6末時点)

セクター ロング ショート ネット
株式 65.9% -16.4% 49.4%
通貨 99.2% -99.2% 0%
クレジット 105.1% -0.7% 104.5%
債券・金利 25.1% -71.1% -45.9%
コモディティ 45.2% -4.1% 41.1%

 

相場の流れに沿った配分だとは思いますが、どのような運用成績になっているのでしょうか。

 

アクティブ型の中でも高い手数料形態

ダブルブレインはアクティブ型の投資信託の中でも以下の通り比較的高い手数料形態となっています。

 

  • 購入手数料:3.3%(税込)
  • 信託手数料:2.013%(税込)

 

 

安定はしているが低いリターン

それでは肝心のダブルブレインのリターンについて見ていきましょう。

まずは基準価額からです。

ダブルブレインの基準価格の推移

 

2018年11月の3年で30%ほど基準価格を上昇させています。日経平均との比較を見ていきましょう。

青:ダブルブレイン
赤:日経平均

日経平均株価とダブルブレインの比較

 

ダブルブレインは確かに下落相場をうまく回避して株式市場とは異なる動きを実現できています。しかし、パフォーマンスは基本的に指数と同等ですね。

 

青色:ダブルブレイン 
赤色:日経平均
緑色:S&P500

 

ダブル・ブレインと株価指数との比較

 

下落を抑えられるのはわかるのですが、これではインデックス投資をした方が良いという結論にどうしてもなってしまいます。

わざわざアクティブ投信を買っている理由がありません。

 

本来のヘッジファンドは下落を回避しながら安定したリターンをあげる

ダブルブレインはオルタナティブ型のファンドとして、株式市場には連動しない動きを実現できています。

しかし、リターンとしては不十分な水準で大きく資産を増やすには適していないと言わざるを得ないでしょう。

 

せっかくヘッジファンド型の運用に興味があるのでしたら、以下のような下落相場をマネージしながら株式市場よりも安定して高いリターンを出すファンドに投資したいところです。

ヘッジファンドのリターン

 

実際、筆者が投資しているヘッジファンドは過去8年間1度も下落したことはなく年率10%以上のリターンを叩き出しています。

以下筆者の観点からおすすめできる投資先ランキングとしてまとめていますのでご覧いただければと思います。

 

最後に:資産を飛躍的に増やす方法は明確に決まっている

資産を大きく増やすにはどうすれば良いのでしょうか?

マザーズの小型ベンチャー株に思いっきり資金を投入。一か八か、株価が急騰を願ったり、信用取引でレバレッジを思いっきりかけてみるのも良さそうです。仮想通貨の草コインも人生一発逆転があるかもしれません。

断言します。上記のような思考の方は一生資産が増えません。そもそも一発の取引で大儲けを狙えるというのは、同じく容易に資金を溶かす可能性も高いということです。そんなものは投資とは言えません。投機と考えても質が低いです。もう少し丁寧に資産の扱い(延いては人生)を考えてみましょう。思考をガラリと変えてみましょう。

 

大事なのは「リターンが小さくても確実にプラスを、時間をかけて積み重ねていく(複利を生かす)」ことです。世界一の投資家であるウォーレン・バフェット氏も投資で最も大切なのは以下の2つのルールとしています。

 

  1. 絶対にお金を損しないこと。
  2. 絶対にルール1を忘れないこと。

 

この「損をしない」「プラスリターンを確実に積み重ねていく(複利を生かす)」という重要性を理解したところで資産運用は始まります。好きな企業の株、高配当・優待目当てのどういうわけか資産が増えない運用方法はやめましょう。クラシック且つ質実剛健な資産運用を行なっていくべきです。

私も資産運用歴はもうかなり長いです。そしてこの思考に辿り着き、プラスリターン×複利運用を実施してからの資産増加スピードは圧巻でした。この哲学を実践している、私のポートフォリオに入っているファンドも今回まとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

 

-日本中の投資信託を分析

© 2022 株式投資:富裕層が参加する勝者のゲーム Powered by AFFINGER5