BMキャピタルに出資の問い合わせをする方法とは?関係者を通じての紹介や自ら問い合わせるなど意外と身近な存在のヘッジファンドの体験談

BMキャピタル(BM CAPITAL)

BMキャピタルに出資の問い合わせ・申し込みをする方法とは?関係者を通じての紹介や自ら問い合わせるなど意外と身近な存在のヘッジファンドの体験談

2022年4月24日

本日は私の投資ポートフォリオの最大ポーションを占めているBMキャピタルについて、出資を行う際の方法について詳しく解説していきたいと思います。

また今回は問い合わせ方法について説明しますが、BMキャピタルについては会社形態、運用哲学・手法、成績について以下に詳しく纏めておりますので参考にしてみて下さい。

 

BMキャピタルの詳細

 

問い合わせページ

 

 

私募ファンドへの問い合わせ方法

投資信託であれば、銀行や証券会社の窓口で購入対象の投資信託に対して振込を行う、又はネット証券をお持ちでしたらネットで気軽に購入することが出来ます。

 

しかしBMキャピタルを始めとしたヘッジファンドは「私募ファンド」という扱いとなります。

第一種/第二種金融商品取引業や投資助言・運用業者としての登録を行って資金を集める形態ではない為、公にファンドの募集をかけることが出来ないのです。

 

※ BMキャピタルの会社としての形態については以下の記事にまとめていますので、興味のある方はご覧下さい。

BMキャピタルは怪しい?弁護士や金融庁も認める「BM Capital」の出資スキームをメリットをふくめて徹底評価。

 

電車の吊革や本屋で、投資信託に関する本や宣伝は良く見かけますが、私募ファンドに関する宣伝は全く見かけませんよね。

これは、このような募集の方法の違いによるものです。

それゆえ、BMキャピタルと言った私募のファンドというのは、知名度が上がるということがありません。

 

では、こういった私募のヘッジファンドに出資するにはどうしたらいいかというと、一般的に2つのパターンがあります。

一つ目は、関係者を通じて紹介をしてもらう方法。もう一つは、自ら問い合わせる方法です。

 

問い合わせページ

 

 

方法1:関係者を通じての紹介

ここで言う関係者とは、会社の内部の人(営業員やトレーダーといった社員)、もしくは、BMキャピタルにすでに資金を投下している投資家です。

 

BMキャピタルの社員もしくはBMキャピタルにすでに投資している人が周りにいれば、かれらの繋いでもらうことで投資の申し出をすることが可能です。

私の場合は、もともとファンドマネージャーが東京大学時代の先輩であったこともあり、直接連絡をとって出資を行いました。

 

多くのヘッジファンドは、こういった知人周りからの口コミをベースで規模を大きくしていくのが一般的です。

資産を持っている大口の投資家、つまり平たく言ってしまうと「お金持ち」の人達には彼らの独自のコミュニティがありますから、

そこで良いファンドというのが話題に登るわけです。

 

BMキャピタルも、現状、この口コミによる広がりがメインとなっているようです。

毎年良い利回りを出していますので、投資家から投資家への波及が起こっている、ということでしょう。

 

 

方法2:自ら問い合わせる

まわりに社員や投資家といった関係者がいない場合は、自ら問い合わせるをすることで出資が可能です。以下ランキングの中に公式ページが存在します。

公式ページから問い合わせて実際に営業員の方と面談を行い話を聞いて投資判断をするという方法です。

 

BMキャピタルの公式ページ

 

ヘッジファンドに問い合わせをするという人は初めての方が多いと思います。

ファンド担当者の方が丁寧に説明をしてくれるので、興味のある方は気軽に話を聞きに行ってみると良いかと思います。

因みにネットの評判とか見ていても、特に出資を強制されることはなさそうなので安心しても大丈夫だと思います。

 

問い合わせページ

 

総括

問い合わせ経路がわかると、意外とヘッジファンドは身近な存在に感じますよね。

資産運用を考えている人は、一つの選択肢、情報収集の一環としてまずは話を聞いてみることをおすすめします。

公表されていないファンドマネージャーの情報や詳しい運用成績といった情報を手にすることができます。

 

最後に:資産を飛躍的に増やす方法は明確に決まっている

積み重ねる運用

 

 

資産を大きく増やすにはどうすれば良いのでしょうか?

上場小型ベンチャー株に力一杯、資金を投入。一か八か、株価の急騰を願ったり、信用取引でレバレッジを思いっきりかけてみるのも良さそうです。仮想通貨の草コインも人生一発逆転があるかもしれません。

断言します。上記のような思考の方は一生資産が増えません。

そもそも一発の取引で大儲けを狙えるというのは、同じく容易に資金を溶かす可能性も高いということです。そんなものは投資とは言えません。投機と考えても質が低いです。もう少し丁寧に資産の扱い(延いては人生)を考えてみましょう。思考をガラリと変えてみましょう。

 

大事なのは「リターンが小さくても確実にプラスを、時間をかけて積み重ねていく(複利を生かす)」ことです。世界一の投資家であるウォーレン・バフェット氏も投資で最も大切なのは以下の2つのルールとしています。

 

  1. 絶対にお金を損しないこと。
  2. 絶対にルール1を忘れないこと。

 

 

この「損をしない」「プラスリターンを確実に積み重ねていく(複利を生かす)」という重要性を理解したところで資産運用は始まります。好きな企業の株、高配当・優待目当てなど、あなたの資産を減らしてしまう運用はやめましょう。「Classic」且つ「質実剛健」な資産運用を行なっていくべきです。

 

私も資産運用歴は既にかなり長いです。そしてこの思考に辿り着き、プラスリターン×複利運用を実施してからの資産増加スピードは圧巻でした。この哲学を実践している、私のポートフォリオに入っているファンドも今回まとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

 

-BMキャピタル(BM CAPITAL)

© 2022 株式投資:富裕層が参加する勝者のゲーム Powered by AFFINGER5