ぶっちゃけ利回りはどれくらい?BMキャピタルの運用実績について投資家目線でお伝えする。

BMキャピタル(BM CAPITAL)

ぶっちゃけBMキャピタルの利回りはどれくらい?運用実績(リターン)について投資家目線でお伝えする。

2022年4月25日

自分で株式投資、FX、コモディティ投資をしないのであれば、投資先は投資信託ヘッジファンドなど、プロの投資家に任せることになると思います。

 

投資先を選ぶ際に最も重要なのは「運用実績」ですよね。

投資先のファンドの運用実績がマイナスでは目も当てられません。

 

また、運用実績については見極めも必要です。

短期間で派手なリターンを出したことを売りにしたファンドに投資することはオススメしません。

長期に、着実に利益を積み重ねていけるファンドを選定する必要があります。

return

 

「資産を増加させる」とはコンスタントに長期にわたりプラスを積み上げることです。

1年だけ大きくリターンを出しても次の年からはマイナス運用してしまえば、たちまち資産を溶かしてしまうからです。

 

今回は、すでに運用を開始して10年ほどが経過する国内老舗ヘッジファンド、BMキャピタルの運用実績について取り上げてみたいと思います。

BMキャピタルについて網羅的に記載している記事は以下になりますのでそちらも参考にしてみてください。

【BMキャピタル体験談】投資家歴8年の投資家目線で評判のBM CAPITAL(ビーエムキャピタル)を徹底的にわかりやすく解説

 

コンスタントに利を積み上げるBM CAPITALの運用

BMキャピタルの運用実績は年間平均利回り10%となっています。公式ページにある通りです。

 

BMキャピタル運用実績

 

このマイナスになる年がない、というのがBMキャピタルの真骨頂だと筆者はイチ個人投資家として感じています。また、これが一番難しいことだとも思っています。

これは数字を置いて実感した方が良いです。

 

TIPS:多くの人が勘違いをしているマイナスインパクトとコンスタントな複利運用の破壊力

投資においてマイナスをだすことのインパクトは非常に大きいという点とコツコツとリターンを積み重ねていく重要性について例を用いてお伝えしたいと思います。

 

<例.>3年間あるファンドに投資(引き出し無し)をします。リターンは以下の通りでした。

  1. 1年目+30%   2年目 +30%  3年目 -30%
  2. 1年目+5.76% 2年目+5.76% 3年目 +5.76%

 

①の1年目+30%、2年目+30%は凄いですね。対して、②は非常に堅実です。

どちらが3年目を終えた時に、リターンは大きくなっているでしょうか?

 

それでは見ていきましょう。まずはリターンの低そうな②を計算します。

投資元本は1000万円です。

 

②の場合...3年後には11,892,444円となります。

Year Asset 5.76%リターン
0 10,000,000 576,000
1 10,576,000 609,178
2 11,185,178 644,266
3 11,829,444 -

 

①の場合は...3年後に11,830,000円となっています。

Year Asset +30%/-30%
0 10,000,000 3,000,000
1 13,000,000 3,900,000
2 16,900,000 -5,070,000
3 11,830,000 -

 

なんと①と②はリターンがほぼ変わりませんでした。

そして、一般的に年利回り+30%というのは異次元なレベルのリターンです。運が重ならないとまず不可能な水準です。

 

なぜなら世界一の投資家と言われるウォーレン・バフェットでも平均リターンは20%となっています。

むしろ平均年利回りが20%を超える数字を謳っているファンドがあれば、それは詐欺を疑った方が良いでしょう。

 

ちなみに以下を見て、年平均利回りは10%だと勘違いする人がいます。それは違います。

  1. 1年目+30%   2年目 +30%  3年目 -30%

 

年平均利回りですと、1000万円が3年間で1331万円になります。

Year Asset 10.00%
0 10,000,000 1,000,000
1 11,000,000 1,100,000
2 12,100,000 1,210,000
3 13,310,000 -

 

先程上記でも計算した1、2年目+30%、3年目-30%の場合は以下でしたね。3年で1,480,556円も差がつきます。

Year Asset 5.76%リターン
0 10,000,000 576,000
1 10,576,000 609,178
2 11,185,178 644,266
3 11,829,444 -

 

上記の計算を見れば、如何に短期間での派手な実績が空虚なものなのか、また小刻みにマイナスを出さずプラス運用することの破壊力がわかってきます。

 

BMキャピタルの特徴

ここではBMキャピタルの運用における特徴を書き出していきたいと思います。

 

特徴①:バリュー株投資の真髄、アクティビスト活動で利回りを「稼ぐ」

年平均利回りが10%とは、実績として文句のつけようがないものです。しかし、どうすればこのような数字を実現できるのでしょうか?

 

バリュー株投資を駆使し、アクティビスト活動にて更に株価上昇を狙うという確立した手法が大きな要因になっています。

バリュー株投資の特徴として、「価値のある企業を割安で購入する」とあります。

 

筆者も長年バリュー株投資をしていますが、銘柄の見極めさえできれば下値は限定的であり、市場が暴落時にも下落耐性が強いことはとても理解できます。

バリュー株投資については筆者も相当に詳しいので、以下のような記事を書いていますので、さらに深掘りしたい人はぜひご参照ください。

no image
ベンジャミン・グレアムの『ネットネット株投資』をわかりやすく解説!本格的バリュー株投資とは?

本日はバリュー株投資の父と称されるベンジャミン・グレアムのネットネット株について、非常に分かり易く書いていきたいと思います。 ベンジャミン・グレアムが彼の名著「賢明なる投資家」の中で正味流動資産株とし ...

続きを見る

no image
グロース株(成長株)投資とバリュー株(割安株)投資とは?両者の違いをリターンを含めて比較しながらわかりやすく解説!

株式投資の手法を大別するとグロース株投資とバリュー株投資の2つに大別されます。 グロース株投資は成長が期待できる株に投資する投資手法です。   一方のバリュー株投資は割安株と言われる銘柄に投 ...

続きを見る

本当の意味でバリュー株投資を実践する投資信託は存在しない?バリュー株投資を謳う投信がおすすめできない理由をわかりやすく解説する。
本当の意味でバリュー株投資を実践する投資信託は存在しない?バリュー株投資を謳う投信がおすすめできない理由をわかりやすく解説する。

バリュー株投資はグロース株投資と並んで双璧となっています。 グロース株(成長株)投資とバリュー株(割安株)投資とは?両者の違いをわかりやすく解説!   ただ、一言でバリュー株といっても様々な ...

続きを見る

 

そもそも、価値ある企業が市場全体の暴落など調整で割安となっているところに投資をする手法なので当然です。

バリュー株投資とは、非常に防御力が高い投資手法です。

 

ただし、これを一般個人投資家が自身で実行するのはほぼ不可能です。

そもそもバリュー株投資とは、投資のプロであり、一流外資金融で経験を積んでいない限り習得するのが非常に難しいです。

 

たまにバリュー株投資家を名乗る人も見かけます。

しかし、大半がPERで割安だから購入する、BSで資産性が高いアセットが多い、などなど、まさにバリュー株投資を理解していない人の見解ばかりです。

 

真に価値のある企業を見極めるのは本当に難しく、実際にバリュー株投資を実践する人は投資家である以前に事業家でもあり、金融界でも優秀な人材であり、また財務諸表を精密に読み解ける財務的思考も必要になるのです。

こちらに再現性はほぼないと言っても良い手法で、相当な経験と知識が求められる手法です。

value stock

 

また、バリュー株とは割安で投資をしたはいいものの、株価が実際に上昇するタイミングだけは読めませんし、下手をすればそのまま万年割安株になってしまう可能性すらあるのです。

 

従い、アクティビストとして活動し、株価上昇するよう「モノ言う株主」として経営、資本提言などが必要です。

しかし、少額の投資しかできない個人投資家では提言などできるはずもなく、ヘッジファンドなど機関投資家のように豊富な資産がない限り、実現できない投資がバリュー株投資なのです。

 

バリュー株投資を確立した、そして筋の通った株主提言ができるファンドマネジャーが在籍。

またBMキャピタルという「豊富な資金を持つファンド」が揃っていることから、マイナスを出さない運用でパフォーマンスを出していると言えます(日本株式市場との相性も良い)。

 

特徴②:下落相場でも抜群の安定感、高いディフェンス力

defence

BMキャピタルの運用は非常に安定感のあるものとなっています。

株式市場は相場サイクルがありますので、相場全体が上昇する時期、下落する時期がそれぞれ存在します。

そして、例えばグロースファンドなどは上昇相場で大きく利益を獲得しますが、下落相場でその利益を大体吐き出してしまうのが常です。(結局トータルでマイナスのパターンが多い)

 

株式とは下落の方がハイスピードで掘っていく幅も大きいので、ファンドのディフェンス力が低い場合、あっという間にリターンが悪化していきます。

 

ウォーレンバフェット氏も、ベンジャミングレアム氏も割安で株式を購入する理由はそのディフェンスに特化していることが背景になります。

バフェット氏はルール1、損失を出すな、ルール2、ルール1を忘れるな。といった格言を残していますが、株式でのハイリターンとは実はディフェンスから生まれていることがよくわかります。

Buffett warren rules

 

そして、ディフェンスこそが、BMキャピタルの真骨頂なのです。

市場の下落を無傷で乗り切るBMキャピタル

 

相場環境が悪かった2015年から2016年や2018年の大幅な調整を見事に無傷で乗り切っています。

2020年2月のコロナショックで世界的に株価が暴落した時も、2021年末から2022年の下落も無事乗り切り利益をあげています。

 

また、直近2021年末からの調整局面もBMキャピタルは見事に乗り切り殆ど下落せず日経平均を20%以上上回った成績を叩き出しています。

市場が20%以上下落しているの無傷というのは素晴らしい安定性を誇っていますね。引き続き守備力の高さは健在といえます。

 

安全性の高い銘柄への投資の実行ファンドマネージャーの適切なポジション管理の賜物ということができるでしょう。

チャートは問い合わせを行い面談時に営業員から見せてもらうことができますが、下記のヘッジファンドの上位互換をイメージしていただければと思います。

市場環境に影響をうけず高いリターンを叩きだすヘッジファンド

 

上記のヘッジファンドの平均では下落する局面もありますが、BMキャピタルは下落を一度も経験することなく右肩上がりに資産を押し上げているのです。

特筆すべきなのは、価格の変動幅(リスク)の少なさです。皆さん以下のファンドAとファンドBであれば、どちらが安心して投資を行うことができるでしょうか。

リスク別ファンド

 

成果が同じでもファンドBの方が安心して保有することができ、長期投資にも適していますよね。

BMキャピタルは正にBのようなファンドで、この価格のブレを数値化した標準偏差という指標を見てみると、日経平均が4.65%に対して、BMキャピタルは3.23%に抑えられています。

 

日経平均の70%の価格のぶれで、日経平均より非常に高いパフォーマンスを上げているということですね。

 

つまり日経平均に比べて、ローリスク・ハイリターンの理想的な成績を残しているアクティブファンドといえるでしょう。

上記のファンドBのような実績をあげている世界最大のヘッジファンドがあり、それがヘッジファンドの帝王、レイダリオ氏が運営しているブリッジウォーターアソシエイツなのです。

世界最大規模のヘッジファンド『ブリッジ・ウォーター・アソシエイツ』を率いるレイ・ダリオを特集!投資哲学と戦略とは?

 

詳しいチャートや成績については営業員から説明を受ける際にみることができます。

以下から問い合わせを行うことができるので興味のある方は話をきいてみるとよいでしょう。

 

 

BMキャピタルの全体像は以下です。

【BMキャピタル体験談】投資家歴8年の投資家目線で評判のBM CAPITAL(ビーエムキャピタル)を徹底的にわかりやすく解説

 

 

まとめ

BMキャピタルがどのようにしてコンスタントにプラス運用を積み上げ続けているのかにフォーカスして書いてみました。

かなり現実味のある投資を実行しており、また複利のインパクトを理解した運用を行なってくれていると思っています。

 

【最新版】日本国内のおすすめヘッジファンドをランキング形式で掲載!投資する際に気をつけたいポイントなど網羅的に解説。
【2022年】日本国内のおすすめヘッジファンドを一覧にしてランキング形式で掲載!投資する際に気をつけたいポイントなど網羅的に解説。

今回は私の投資の軸を形成しているヘッジファンドへの投資について以下の点を含めて記載していきます。   ヘッジファンドとはそもそも何なのか? 何が優れているのか? どのようなファンドがおすすめ ...

続きを見る

 

最後に:資産を飛躍的に増やす方法は明確に決まっている

積み重ねる運用

 

 

資産を大きく増やすにはどうすれば良いのでしょうか?

上場小型ベンチャー株に力一杯、資金を投入。一か八か、株価の急騰を願ったり、信用取引でレバレッジを思いっきりかけてみるのも良さそうです。仮想通貨の草コインも人生一発逆転があるかもしれません。

断言します。上記のような思考の方は一生資産が増えません。

そもそも一発の取引で大儲けを狙えるというのは、同じく容易に資金を溶かす可能性も高いということです。そんなものは投資とは言えません。投機と考えても質が低いです。もう少し丁寧に資産の扱い(延いては人生)を考えてみましょう。思考をガラリと変えてみましょう。

 

大事なのは「リターンが小さくても確実にプラスを、時間をかけて積み重ねていく(複利を生かす)」ことです。世界一の投資家であるウォーレン・バフェット氏も投資で最も大切なのは以下の2つのルールとしています。

 

  1. 絶対にお金を損しないこと。
  2. 絶対にルール1を忘れないこと。

 

 

この「損をしない」「プラスリターンを確実に積み重ねていく(複利を生かす)」という重要性を理解したところで資産運用は始まります。好きな企業の株、高配当・優待目当てなど、あなたの資産を減らしてしまう運用はやめましょう。「Classic」且つ「質実剛健」な資産運用を行なっていくべきです。

 

私も資産運用歴は既にかなり長いです。そしてこの思考に辿り着き、プラスリターン×複利運用を実施してからの資産増加スピードは圧巻でした。この哲学を実践している、私のポートフォリオに入っているファンドも今回まとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

 

-BMキャピタル(BM CAPITAL)

© 2022 株式投資:富裕層が参加する勝者のゲーム Powered by AFFINGER5