1000万円一括投資はおすすめしない?大損する?和製ヘッジファンド運用をポートフォリオに組み込む有効性を解説!

1000万円資産運用(投資先)

1000万円一括投資はおすすめしない?大損する?和製ヘッジファンド運用をポートフォリオに組み込む有効性を解説!

1000万円というまとまった資産を築いた時に考えることが、今後どのように運用していくか?ということだと思います。

1000万円は数百万円の頃と違って投資リターンに与えるインパクトも大きく、上手に運用ができれば資産は加速していくことから、慎重に扱いたいものです。

 

数千万円持っているうちの1000万円を、どこかに一括で投資をしようと考えている人もいるかと思います。

得てして、1000万円は長い目で見ると非常にインパクトの大きい元本なのですが、投機的な商品に一括投資して一瞬で溶かしてしまう人が後を絶ちません。

複利インパクトを考えれば、1000万円どこから100万円だって大切です。

 

さて、今回は大切に運用していくことを念頭に置いた1000万円の投資について考えていきたいと思います。

この記事では1000万円をヘッジファンドで運用する点について論じていきます。

 

1000万円運用は一括投資?ポートフォリオを組んで分散投資?

そもそもですが、1000万円を一括投資すべきか、それともポートフォリオを組んで分散すべきかという議論があります。

こればっかりは、保有資産合計やリスク許容度にもよるのですが、基本的には分散して「減らさない」ことを意識した運用を行なっていくべきかと思います。

 

一括投資であっても、その投資先の投資信託やヘッジファンドが下落耐性に強いポートフォリオを組んでいるのであれば、それは分散投資になります。

一つの株式銘柄に一括投資はどう考えてもおすすめできません。一流のトレーダーですら、10回に3〜5回勝つことで、ハイリターンを叩き出しています。

 

つまりは5回〜7回は負けているのです。株式投資に絶対はなく、負けることを前提として戦略を組み立てていくものです。確率のゲームですので、例えば80%上がると思って投資をしても20%の確率を引いてしまうこともあります。

一括投資していれば、その20%の負けが致命傷になってしまいます。資産運用は如何に致命傷を負わないかのマラソンですので、一括投資は基本的にはお勧めしません。

 

例えば以下は30年間7%の利回り投資した場合ですが、5年目、10年目に30%ずつ、30年で2回だけマイナスを出した場合とマイナスがなかった場合で資産の伸びは雲泥の差です。実質4%で運用した時と同様のリターンになってしまうのです。

損失を出した場合のリターンと出さなかった時のリターンの差

 

損失アリ 損失ナシ
1 10,000,000 10,000,000
2 10,700,000 10,700,000
3 11,449,000 11,449,000
4 12,250,430 12,250,430
5 9,175,572 13,107,960
6 9,817,862 14,025,517
7 10,505,112 15,007,304
8 11,240,470 16,057,815
9 12,027,303 17,181,862
10 9,008,450 18,384,592
11 9,639,042 19,671,514
12 10,313,775 21,048,520
13 11,035,739 22,521,916
14 11,808,241 24,098,450
15 12,634,817 25,785,342
16 13,519,255 27,590,315
17 14,465,602 29,521,637
18 15,478,195 31,588,152
19 16,561,668 33,799,323
20 17,720,985 36,165,275
21 18,961,454 38,696,845
22 20,288,756 41,405,624
23 21,708,969 44,304,017
24 23,228,596 47,405,299
25 24,854,598 50,723,670
26 26,594,420 54,274,326
27 28,456,029 58,073,529
28 30,447,951 62,138,676
29 32,579,308 66,488,384
30 34,859,860 71,142,570

 

理由は以下に書いてありますが、商品がインデックスファンドであっても一括投資は危険です。インデックスは必ず株式市場サイクルの中にある大暴落に巻き込まれます。また、今後の米国株の動向も楽観視できません。

年間利回り5パーセントの難易度とは?インデックスでは無理?安定的に狙える選択肢も含めて紹介!

 

さて、ここからは上記の前提でヘッジファンドへの一括投資は正しいのかどうかを考えていきます。

 

ヘッジファンドとは?世界AUMランキング

「ヘッジファンド」自体が聞き慣れない言葉だと思います。まずは少しだけここでも説明しておきます。

ヘッジファンドとは、公で宣伝し出資者を集める投資信託とは異なり、個別に投資を募っている私募のファンドです。

ヘッジファンドの仕組み

 

ヘッジファンドは「絶対収益型」のファンドであり、インデックスファンドなどは株式市場が下落すれば、損失がそのまま出ますが、ヘッジファンドの場合は下落相場でもリターンを追求していくという特徴があります。

つまりは、下落耐性のある運用に定評があり、また上昇相場では市場平均を大幅に上回るリターンも期待できると、欧米では王道の投資手法の一つになっています。

 

実際に機関投資家、富裕層からヘッジファンドへ資金が加速度的に集まり、世界のヘッジファンドの運用残高推移は以下のように右肩上がりとなっています。2020年時点で、運用残高は3.6兆ドル(約500腸炎)と巨額となっています。

世界のヘッジファンドの運用残高

 

ヘッジファンド全てが良いリターンを出す、というわけではありません。

 

ヘッジファンドAUMランキング

以下は世界で最も投資額(AUM=Asset under management)の大きいヘッジファンドランキングです。

Rank Profile Managed AUM Type Region
1 Bridgewater Associates, LP $235,542,378,467 Hedge Fund Manager North America
2 Balyasny Asset Management $180,959,433,560 Hedge Fund Manager North America
3 Tiger Global Management LLC $124,655,466,641 Hedge Fund Manager North America
4 Garda Capital Partners $124,164,445,000 Hedge Fund Manager North America
5 Renaissance Technologies LLC $121,848,923,848 Hedge Fund Manager North America
6 Capula Investment Management LLP $118,360,187,022 Hedge Fund Manager Europe
7 ExodusPoint Capital Management $115,731,633,205 Hedge Fund Manager North America
8 Squarepoint Capital LLP $75,716,520,593 Hedge Fund Manager Europe
9 Two Sigma Investments $74,437,035,981 Hedge Fund Manager North America
10 Coatue Capital, L.L.C. $73,333,689,427 Hedge Fund Manager North America

 

1位はレイダリオ氏でお馴染みのブリッジウォーター、3位にタイガーグローバル、5位にルネサンステクノロジーが入っています。

 

ヘッジファンドはおすすめしない?大損する?

ヘッジファンドは大損するからおすすめしないという人を筆者は見たことがありません。たぶん、大損した人はヘッジファンド型の投資信託の話をしているのか、ヘッジファンドではない何かに投資をしたのかもしれません。

ヘッジファンドの中でも劣悪なリターンを出すファンドはありますが、良いヘッジファンドを選ぶコツは長期の実績があるかどうかを確認することです。

例えば、ランキングからですが、ルネサンステクノロジーは30年間の運用でマイナスなしという伝説のファンドであり、出資は現在資産規模が大きくなると戦略が機能しなくなるために、募集していません。以下のようなハイリターンは信じられない境地なのですが、筆者が重視して見ているのは「マイナスを出さない」という点です。

medallion fund return

レイダリオ氏のブリッジウォーターも、暴落に捕まることなく、安定的なリターンを上げ続けています。インデックスファンドが如何にボラタイルな商品であるかがよくわかりますね。

ブリッジウォーターリターン

インデックスファンドのリターンは時代次第なところで非常に博打的ですが、ヘッジファンドは安定的に、どんな時代でも才覚のあるファンドマネジャーがリターンを提供してくれます。

当然、ヘッジファンドのマネジャーは複数銘柄、またはロング、ショート戦略、通貨トレードなど状況に応じてベストなトレードを模索しているため、これは分散効果になっています。伝説の投資家であるジョージソロス氏や弟子のドラッケンミラー氏も、ここぞという時に勝負を仕掛けるときはありますが、基本は複数銘柄に投資をしてポートフォリオのバランスを取っていますよね。

 

この項目の結論として、ヘッジファンドをおすすめするかどうかについては「長年の下落耐性に強い実績」があるヘッジファンドであれば、筆者はお勧めしたいです。

 

コラム〜元本保証の罠

多くの個人投資家が、元本保証の投資で良いものはないかと模索していますよね。

結論から言うと、元本保証型でリターンの良い投資はありません。利回り0.002%など預金金利の利回りも満足するのであれば、それは元本型の良いリターンの投資です。

しかし、そのような利回りで納得するような人はいませんよね。

 

ちなみに、元本保証型であると誤認させて商品を売り込む悪徳な金融業者もいますので、「元本保証」という言葉が出てきたら怪しむ癖をつけてください。

例えば仕組み債などは「定期預金ような商品」と誤解させて契約するパターンもあるとのことでした。

仕組み債トラブル

 

 

海外ヘッジファンドはハードルが高い!和製ヘッジファンドも選択肢

そもそもですが、上記で挙げたAUMトップ10の世界的なヘッジファンドへの投資は日本に住む個人投資家ではとても無理です。

孫正義やユニクロの柳井さんなら可能かもしれませんが、そもそも最低出資額が機関投資家でなければ投資できないような規模です。ブリッジウォーターへの最低出資額はなんと75億ドル(約1兆円)です。ファンドのAUMが2300億ドル(約30兆円)なので、妥当に見えてしまいますね。

Bridgewater, founded in 1975 by Ray Dalio, the billionaire investor, generally requires that clients have at least $7.5 billion of investable assets in order to put money into the hedge fund. Many investors pay at least $500,000 — and sometimes as much as $4 million — a year in fees to Bridgewater.

億万長者の投資家であるレイ・ダリオによって 1975 年に設立されたブリッジウォータ ーは、通常、顧客がヘッジファンドに資金を投入するために は、少なくとも 75 億ドルの投資可能資産を持つことが必要であ る。多くの投資家は、少なくとも 50 万ドル、時には 400 万ドルもの手数料をブリッジウォータ ーに支払っている。

Small Endowments May Get to Invest in Bridgewater Associates

 

大型の機関投資家、つまりは国の年金基金などしかブリッジウォーターには投資できないのです。ユニクロの柳井氏は総資産が2兆円を超えますので、投資は可能ですね。その意味では柳井さんの資産は凄まじい大きさであることが実感できます。

他の有名ファンドも出資額は大きく、基本的には日本円で1億円以上が最低出資額になるのが通常です。

しかし、1000万円から募っているヘッジファンドは欧米にもありますが、かなり精査を重ねる必要があります。何よりも言語の障害が大きすぎますし、商習慣、現地の法律など手間が非常にかかります。

 

ここで選択肢になってくるのが、日本の和製ヘッジファンドです。日本ではヘッジファンド投資はまだまだ黎明期であり、そこまで数はありませんが、最低出資額1000万円などから出資可能なファンドが存在します。

当然、国内ファンドであっても精査は必要ですが、ヘッジファンド選びで重要なのは以下だと筆者は確信しています。

ポイント

  • 長年の運用実績(指数を上回っているか、株式市場暴落時のリターン)
  • 投資哲学(博打的ではなく、堅実な内容であるか)
  • ファンドマネジャーの経歴(ヘッジファンドで成功しているファンドマネジャーはいずれも学歴、職歴が最高峰)

 

一応ヘッジファンドを一覧にしてランキング形式で紹介している記事もありますので参考にしてみてください。

日本国内のおすすめヘッジファンドを一覧にしてランキング形式で掲載!
日本国内のおすすめヘッジファンドを一覧にしてランキング形式で掲載!

今回は私の投資の軸を形成しているヘッジファンド(私募ファンド)への投資について以下の点を含めて記載していきます。   「ヘッジファンドとはそもそも何なのか?」 「何が優れているのか?」 「ど ...

続きを見る

 

筆者が運用している和製ヘッジファンド・BMキャピタル

筆者の場合は、すでに10年以上の運用実績がある国内ヘッジファンド、BMキャピタルに投資をしています。

同社はバリュー株投資・アクティビスト活動を主体に利回りを毎年作り上げ、堅実なリターンを提供してくれています。

年り20%、30%といった派手なリターンこそありませんが、年平均10%程度のリターンで複利運用してくれますので、投資の王道中の王道といった運用を行なっています。

 

何よりも下落局面に強い運用を見せ、インデックスが暴落する中でも指数を大きくアウトパフォームする運用を行なってくれており、年々信頼感が増しています。

過去の暴落局面のBMキャピタルの下落耐性の強さ

 

 

最低投資金額は1000万円です。しかし、運用に満足した場合の増資を前提として1000万円以下の金額でも受け入れているためまずは直接問い合わせることをおすすめします。

ファンドの規模が大きくなってくると、最低出資額も上がっていく可能性がありますので、早めに詳細を聞いた方が良いと思います。

 

>更に詳しくBMキャピタルについて知りたい方はこちらから。

【BMキャピタル体験談】投資家歴8年の投資家目線で評判のBM CAPITAL(ビーエムキャピタル)を徹底的にわかりやすく解説

 

 

まとめ

1000万円をヘッジファンドで運用する選択肢について述べました。

損失を極限まで圧縮できるファンドで、リターンを小さくても積み重ねていく、これが最も資産形成では近道だと考えています。

イチローも「小さなことを積み重ねることが、とんでもないところへ行くただ一つの道」との名言を残していますが、まさにその通りだと思います。

 

以下ではまさに堅実に積み重ねることを念頭に置いたファンドについての特集になりますので参考にしてみてください。

日本国内のおすすめヘッジファンドを一覧にしてランキング形式で掲載!
日本国内のおすすめヘッジファンドを一覧にしてランキング形式で掲載!

今回は私の投資の軸を形成しているヘッジファンド(私募ファンド)への投資について以下の点を含めて記載していきます。   「ヘッジファンドとはそもそも何なのか?」 「何が優れているのか?」 「ど ...

続きを見る

最後に:資産を飛躍的に増やす方法は明確に決まっている

積み重ねる運用

 

 

資産を大きく増やすにはどうすれば良いのでしょうか?

上場小型ベンチャー株に力一杯、資金を投入。一か八か、株価の急騰を願ったり、信用取引でレバレッジを思いっきりかけてみるのも良さそうです。仮想通貨の草コインも人生一発逆転があるかもしれません。

断言します。上記のような思考の方は一生資産が増えません。

そもそも一発の取引で大儲けを狙えるというのは、同じく容易に資金を溶かす可能性も高いということです。そんなものは投資とは言えません。投機と考えても質が低いです。もう少し丁寧に資産の扱い(延いては人生)を考えてみましょう。思考をガラリと変えてみましょう。

 

大事なのは「リターンが小さくても確実にプラスを、時間をかけて積み重ねていく(複利を生かす)」ことです。世界一の投資家であるウォーレン・バフェット氏も投資で最も大切なのは以下の2つのルールとしています。

 

  1. 絶対にお金を損しないこと。
  2. 絶対にルール1を忘れないこと。

 

 

この「損をしない」「プラスリターンを確実に積み重ねていく(複利を生かす)」という重要性を理解したところで資産運用は始まります。好きな企業の株、高配当・優待目当てなど、あなたの資産を減らしてしまう運用はやめましょう。「Classic」且つ「質実剛健」な資産運用を行なっていくべきです。

 

私も資産運用歴は既にかなり長いです。そしてこの思考に辿り着き、プラスリターン×複利運用を実施してからの資産増加スピードは圧巻でした。この哲学を実践している、私のポートフォリオに入っているファンドも今回まとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

 

-1000万円資産運用(投資先)

© 2024 株式投資:富裕層が参加する勝者のゲーム Powered by AFFINGER5