インド株式市場

評判の良い新生UTI・インドファンドはインデックスファンドをアウトパフォームするのか?概要と直近のリターンを確認し評価していく。ムンバイSENSEX30/高成長インド・中型株式ファンド/野村 インド株投資とも比較

2022年6月27日

インドの株式市場が世界中から注目を集めていることは、投資家であれば誰しもが知るところでしょう。

経済成長率も高く、人口爆発の大国に期待を持たない人はいません。

しかし、2020年に突如訪れたCovid-19パンデミックにより、先進国、新興国問わず世界中の国が経済打撃を被りました。

 

たまらず世界銀行もインドの成長率見通しを引き下げましたが、それでも長期目線では上ではないかと筆者は思っています。

[ニューデリー ロイター] - 世界銀行は13日、インドと南アジア地域の成長率予想を引き下げた。ウクライナ危機によるサプライチェーン(供給網)のボトルネック悪化やインフレ高進を理由に挙げた。

世銀、インドと南アジアの成長率予想引き下げ ウクライナ危機で

 

さて、今回はインドの経済成長を自分のポートフォリオリターンに取り込むべく、インドの投資信託を見ていきたいと思います。

今回取り上げるのは、新生UTI・インドファンドです。

no image
【2022年最新】おすすめのインド投資信託はどれ?2021年にMSCIやSENSEXなどインデックスファンドを上回ったアクティブファンド(ETF)をランキング形式で紹介

インドは誰もが認める今後世界の覇権を狙うことができる注目の新興国です。 直近は世界銀行もウクライナ危機の影響を受けてインドの成長率予想を引き下げていますが、それでも尚、魅力的な成長国です。 &nbsp ...

続きを見る

今後インド株式市場への投資は魅力的なのか?おすすめ銘柄を含めてわかりやすく解説する!
今後インド株式市場への投資は魅力的なのか?おすすめ銘柄を含めてわかりやすく解説する!

前回の記事では、インド株式投資をするにあたって押さえておくべき経済状況、財政状況、政治状況についてお伝えしてきました。   今回はインド株式市場は魅力的なのか? 投資するならどののような方法 ...

続きを見る

 

新生UTI・インドファンドの特徴

まずはファンドの特徴を見ていきましょう。

目論見書はこちらです。

 

インドの金融商品取引所に上場している株式で中長期投資を行う

純粋に株式に投資し、中長期でリターンの獲得を目指します。

投資形態はファンズ・オブ・ファンズとなります。

ファンズオブファンズ

 

 

銀行・金融サービス、情報技術サービス、消費財に重きを置いたPF

ポートフォリオは3業種に重きを置いています。

基本的には重厚長大セクターではなく、利益率の高いサービス業種にて高いリターンを目指していきます。

 

以下は2022年5月末の業種配分とポートフォリオとなります。

 

【業種配分】

 

ポートフォリオの上位4つは銀行・金融サービスとなっています。

 

バジャジ・ファイナンス 銀行・金融
サービス
5.1%
HDFC銀行 銀行・金融
サービス
4.8%
ICICI銀行 銀行・金融
サービス
4.7%
コタック・マヒンドラ銀行 銀行・金融
サービス
4.4%
インフォシス 情報技術
サービス
4.3%
ラーセン・アンド・トゥブロ・インフォテック 情報技術
サービス
3.8%
アベニュー・スーパーマーツ 消費サービス 3.6%
ハウジング・ディベロップメント・ファイナン
ス・コープ
銀行・金融
サービス
3.3%
インフォエッジ・インディア 消費サービス 3.2%
コフォージ 情報技術
サービス
3.0%
合計 40.2%

 

ポートフォリオ1位のバジャジ・ファイナンスはインドを拠点とするノンバンクの金融会社です。1987年に設立され、二輪、三輪車のファイナンスを提供する会社でした。

自動車ファイナンス市場で成長し、11年で新規公開発行(IPO)を達成、その後耐久消費財ファイナンス部門、小口融資を開始し今に至ります。不動産ローンなども展開中。

 

ここ5年間は金融緩和の影響もあり、大きく株価を伸ばしてきましたが、米国株の指数に連動するかのように下落に転じています。

bajaj Finance LTD

 

 

新興国投信ならではの高い手数料水準

新生UTI・インドファンドの手数料は以下となっています。

 

購入手数料:3.85% (税込)
信託手数料:1.954% (税込)

 

国内の投資信託よりは高水準ですが、新興国の株にアクセスするのはコストもかかるので致し方ない側面もあります。

 

新生UTI・インドファンドの基準価額の推移

新生UTI・インドファンドの基準価額の推移を見ていきましょう。

基準価額・純資産総額の推移】

 

 

2020年のコロナショック から急激に基準価額を上昇しています。

以下は他の投資信託との比較です。

 

青色:新生・UTIインドファンド
赤色:ムンバイSENSEX30
緑色:高成長インド・中型株式ファンド
黄色:野村 インド株投資

 

新生・UTIインドファンドと他ファンドとの比較

 

 

ファンド名 新生・UTIインドファンド 野村 インド株投資 高成長インド・中型株式ファンド
トータルリターン1年 7.68% 14.75% 18.97%
トータルリターン3年(年率) 16.64% 9.91% 15.93%
トータルリターン5年(年率) 13.22% 7.35% 8.83%
トータルリターン10年(年率) 19.35% 14.23% 17.93%
シャープレシオ1年 0.46 1.05 1.34
シャープレシオ3年 0.62 0.4 0.55
シャープレシオ5年 0.56 0.33 0.35
シャープレシオ10年 0.85 0.64 0.74
標準偏差1年 16.7 14.07 14.16
標準偏差3年 26.81 24.61 29.04
標準偏差5年 23.72 22.14 25.12
標準偏差10年 22.85 22.24 24.26

 

新生UTIインドファンドがやはり10年の年率で見ても非常にリターンが高いですね。次いで高成長インド中型株式ファンド、そして最後に野村インド株投資となります。

しかし、新興国はハイリスクハイリターンであり、基本的には株式相場の状況が肝になってきます。

ファンドの成績だけでは片手落ちですので、市場の方にも目を向けましょう。

 

インド株式市場の見通し

インドの株式市場の見通しを予測するにあたり、手っ取り早いのがその国の代表株価指数を見ることです。日本で言えばTOPIX(日経平均株価も見る人は見ます)、米国で言えばS&P500指数です。

インドではムンバイSENSEX指数を見ていきます。

 

SENSEX

 

 

2020年以降の金融相場で大幅に上昇してきました。

しかし、あまりにも上昇が激しすぎると、また下落も必要になってきます。新陳代謝が必要になります。そして、下落の方がスピードも速いです。

 

新興国比較

 

ここ1年ではジャカルタ総合指数にアンダーパフォームしており、タイSET指数と争っている状況です。とはいえ、年初来で大きく下落しており、やはり経済の回復が早いインドネシアが強いですね。

2022年は新興国では10%を超える水準でインフレが起きている国も多く、インドに関しては前年比で6.95%の上昇となっています。

 

インド統計局が2022年4月12日に発表した3月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比6.95%上昇と、市場予想の6.40%、前月の6.07%を上回りました(図表1参照)。インド準備銀行(中央銀行)のインフレ目標は4%±2%です。

インド中銀は6日~8日の会合で主要政策金利であるレポレートを市場予想通り4.00%で据え置きました(図表2参照)。決定は全会一致で、インド中銀は引き続き緩和的な政策を維持しました。ただインフレ見通しは引き上げました。

インド3月CPI:政策金利は市場予想通り据え置くもインフレ見通しを上方修正

 

予想を超えてのインフレ続伸ですので、今後はインド中銀も政策金利を上げて金融引き締めを行わざるを得ません。つまり株式市場には逆風が吹き荒れるであろうということです。

現在はインドは魅力的なるも、あまり手は出さない方が良いのかもしれませんね。

 

まとめ

今回は新生UTIインドファンドについてまとめました。

 

ポイント

  • インドの金融商品取引所に上場している株式で中長期投資を行う
  • 銀行・金融サービス、情報技術サービス、消費財に重きを置いたPF
  • インド投資信託の中では優秀な成績を収めている
  • インドは高インフレの真っ最中、今後金融引き締めを考えると投資タイミングは今ではない

 

 

投資環境の良い国、株式市場を選んで、着実にリターンを獲得していきましょう。

 

 

最後に:資産を飛躍的に増やす方法は明確に決まっている

積み重ねる運用

 

 

資産を大きく増やすにはどうすれば良いのでしょうか?

上場小型ベンチャー株に力一杯、資金を投入。一か八か、株価の急騰を願ったり、信用取引でレバレッジを思いっきりかけてみるのも良さそうです。仮想通貨の草コインも人生一発逆転があるかもしれません。

断言します。上記のような思考の方は一生資産が増えません。

そもそも一発の取引で大儲けを狙えるというのは、同じく容易に資金を溶かす可能性も高いということです。そんなものは投資とは言えません。投機と考えても質が低いです。もう少し丁寧に資産の扱い(延いては人生)を考えてみましょう。思考をガラリと変えてみましょう。

 

大事なのは「リターンが小さくても確実にプラスを、時間をかけて積み重ねていく(複利を生かす)」ことです。世界一の投資家であるウォーレン・バフェット氏も投資で最も大切なのは以下の2つのルールとしています。

 

  1. 絶対にお金を損しないこと。
  2. 絶対にルール1を忘れないこと。

 

 

この「損をしない」「プラスリターンを確実に積み重ねていく(複利を生かす)」という重要性を理解したところで資産運用は始まります。好きな企業の株、高配当・優待目当てなど、あなたの資産を減らしてしまう運用はやめましょう。「Classic」且つ「質実剛健」な資産運用を行なっていくべきです。

 

私も資産運用歴は既にかなり長いです。そしてこの思考に辿り着き、プラスリターン×複利運用を実施してからの資産増加スピードは圧巻でした。この哲学を実践している、私のポートフォリオに入っているファンドも今回まとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

 

-インド株式市場

© 2022 株式投資:富裕層が参加する勝者のゲーム Powered by AFFINGER5