日本中の投資信託を分析

マイ・ウェイ・ジャパンは評判通りのパフォーマンスか?基準価額チャート、年平均リターンから投資検討を実施

色々とヘッジファンド型含め、投資信託を見てきた中で、やはり見えてきたことがあります。

それはコンスタントに、損を出すことなく指数を超えるリターンを出してくれるファンドは稀であるということです。

 

今回も最近耳にした「マイウェイジャパン」について少し見ていきたいと思います。結論としては、リターンが物足りないファンドです。

 

関連記事>>> 日本中の投資信託を分析

 

マイ・ウェイ・ジャパンの特徴

「ファンダメンタル価値対比割安なバリュー銘柄」と「将来収益への成長期待が高いグロース銘柄」を中心に投資するファンドのようです。絶対収益型ですので、ヘッジファンド型ですね。株式投資で勝負する類のものです。

運用元は三井住友DSアセットマネジメント株式会社となっています。

 

 

割安な成長株を見つけてリターンを出すということですね。

最初から少し疑問を感じています。バリュー銘柄は此度のコロナショック後、超割安状態になっていましたので、旅行業、ホテル業などの割安銘柄は転がっていました。

2021年初頭まで。そこで仕込めているのかどうかが一つの投資判断になるかもしれません。

グロース株とバリュー銘柄は少し意味合いが異なります。バリュー銘柄は大きなリターンが見込めるものではありません。

 

グロース株の選び方は人それぞれ違いますが、ファンダメンタルな要素と国債金利などマクロな知識が必要になってきます。

ファンドマネジャーの手腕が問われるところでしょう。

 

ファンドの概要

目論見書を一部抜粋します。

<商品分類>

  • 単位型・追加型:追加型
  • 投資対象地域:国内
  • 投資対象資産(収益の源泉):株式
  • 補足分類:特殊型(絶対収益追求型)

<属性区分>

  • 投資対象資産:その他資産
  • 決算頻度:年1回
  • 投資対象地域:日本
  • 投資形態:ファミリーファンド
  • 特殊型:絶対収益追加型

 

ファンドの目的

当ファンドは、マザーファンドへの投資を通じて主としてわが国の株式に投資するとともに、わが国の株価指数先物取引の売建てを行うことにより、株式市場の変動リスクを低減し、信託財産の安定した成長を目指して運用を行います。

 

日本株でリターンを目指しつつ日経平均、TOPIXなど先物でヘッジを行いつつリターンを目指していくという運用ですね。

金額が大きくなれば、どうしてもβでのヘッジは必要になるという方針ですね。比較的安全な運用を目指していることがわかります。

リターンに応じて、分配金も用意されています。

毎年3月17日(休業日の場合は翌営業日)の決算時に分配を目指しているようです。

 

収益を超えた支払いが行われる可能性があるとのことですが、これはREIT高配当配銘柄と同じようなリスクが顕在することもある点、投資家は認識しておかなければなりません。(配当を配りすぎて、リターン低下→元本の毀損)

 

分配金は、計算期間中に発生した収益(経費控除後の配当等収益および評価益を含む売買益)を 超えて支払われる場合があります。その場合、当期決算日の基準価額は前期決算日と比べて下落 することになります。また、分配金の水準は、必ずしも計算期間におけるファンドの収益率を示す ものではありません。

 

マイ・ウェイ・ジャパンのポートフォリオ

ポートフォリオを見ていきましょう。

どんな銘柄を選定しているのが、非常に興味があります。

銘柄の選び方は以下のようになっています。

 

●流動性基準・財務基準による絞り込み

●サステナビリティ(ESG要素を含む中長期的な持続可能性)について、社会的信用に関する行為等、重大な問題が生じた銘柄は除外

●「ファンダメンタル価値と対比して割安なバリュー銘柄」と「将来収益への成長期待が高いグロース銘柄」を中心に投資

●トップダウン・アプローチとアナリスト等によるボトムアップを融合することで業種別・規模別配分を決定

 

今流行りのESGも考慮し、トップダウンアプローチ、ファンドマネジャーの腕が本当に試される手法ですね。これといって大きな特徴は見られません。

業種別順位は情報通信、電気機器となっています。

 

2022年2月末

業種別上位 構成比率
電気機器 12.4%
情報・通信 10.7%
輸送用機器 7.6%
銀行業 4.6%
機械 4.3%

 

次に実際のポートフォリオです。昨年から比べるとソフトバンクグループがトップ10から消えていますね。株価の下落が凄まじかったですからね。

ソフトバンクの株価下落

 

 

2022年2月末

順位 銘柄 業種 組入比率
1位 三菱UFJフィナンシャル・グループ 銀行 3.70%
2位 トヨタ自動車 輸送用機器 3.50%
3位 ソニーグループ 電気機器 2.20%
4位 ⽇本電信電話 情報・通信 1.80%
5位 信越化学工業 化学 1.60%
6位 ⽇⽴製作所 電気機器 1.50%
7位 東京海上ホールディングス 保険業 1.40%
8位 任天堂 その他製品 1.30%
9位 三菱商事 卸売業 1.20%
10位 キーエンス 電気機器 1.20%

 

<2021年6月末>

順位 銘柄 コード 業種 組入比率
1位 日本電信電話 9432 情報・通信 3.08%
2位 三菱UFJフィナンシャル・グループ 8306 銀行 2.79%
3位 トヨタ自動車 7203 輸送用機器 2.15%
4位 三菱商事 8058 卸売 2.08%
5位 ソフトバンクグループ 9984 情報・通信 1.81%
6位 任天堂 7974 その他製品 1.70%
7位 日本電気 6701 電気機器 1.62%
8位 日本たばこ産業 2914 食料品 1.53%
9位 武田薬品工業 4502 医薬品 1.46%
10位 本田技研工業 7267 輸送用機器 1.37%

 

堅いポートフォリオだなという印象しかありませんが、グロース株として抱えていたSBGをが10位以内にいなくなりさらに堅実になった印象です。

 

 

マイウェイジャパンの実際の実績(リスクとリターン)

では、実績を見ていきましょう。税引き前分配金再投資基準価額は上昇しています。

マイ・ウェイ・ジャパンの基準価格の推移

 

 

設定来2倍くらいになるのでしょうか。しかし残念ながら分配され、課税されてしまうのでこれほど高いリターンにはなりません。

マイウェイジャパンは約120億円を運用しているファンドになります。コロナショック後の株式市場の強い上昇にそのまま乗り、ショック後を少し上回った程度でしょうか。すでに物足りません。

 

具体的なパフォーマンスは以下ですが、年率3%を超えないようだと厳しいですね。7%は最低ラインとして個人投資家は考えたいところです。アクティブ投信ですからね。

 

1年 3年(年率) 5年(年率) 10年(年率)
トータルリターン 2.51% 2.37% 1.28% --
標準偏差 2.76 2.84 2.48 --
シャープレシオ 0.91 0.83 0.52 --

 

<各年の利回り>

1-3月期 4-6月期 7-9月期 10-12月期 1-12月期
2021年 1.41% 1.25% 0.20% -0.23% 2.64%
2020年 -1.36% 0.62% 0.19% 1.47% 0.90%
2019年 -0.89% 0.63% 0.60% 0.92% 1.26%
2018年 -0.77% -0.29% 0.29% -1.02% -1.77%
2017年 0.93% 0.16% 0.91% 1.21% 3.24%

 

3年で2.37%%。5年で1.28%。手数料でマイナスなのではないでしょうか?

購入手数料が2.2%、信託報酬が0.869%なので、初年度はマイナスですね。長期前提ですが、それでも利回りが低いですね。

2018年はマイナスも出してしまっていますし。資産が増えない年があるというのは感覚的にも厳しいですよね。

 

 

マイウェイジャパンの評判は?

評判は正直、あまり意味のない指標だと個人的には思っておりますが、見ていきましょう。と思いましたが、口コミが見つかりませんでした。

リターンに派手さがないため、やはり注目も薄いことがわかります。

 

投資妙味の判断

投資妙味はなしです。

相対的に見ても、著しく低いプラスリターンに、マイナスまで出してしまっている現状、投資に踏み切ることはしばらくなさそうです。

あと3年ほどの運用結果を見て、個人投資家の信頼を取り戻せるようなリターンがあれば、また再考する時がくるかもしれません。現時点ではごめんなさい、です。

 

 

最後に:資産を飛躍的に増やす方法は明確に決まっている

資産を大きく増やすにはどうすれば良いのでしょうか?

マザーズの小型ベンチャー株に思いっきり資金を投入。一か八か、株価が急騰を願ったり、信用取引でレバレッジを思いっきりかけてみるのも良さそうです。仮想通貨の草コインも人生一発逆転があるかもしれません。

断言します。上記のような思考の方は一生資産が増えません。そもそも一発の取引で大儲けを狙えるというのは、同じく容易に資金を溶かす可能性も高いということです。そんなものは投資とは言えません。投機と考えても質が低いです。もう少し丁寧に資産の扱い(延いては人生)を考えてみましょう。思考をガラリと変えてみましょう。

 

大事なのは「リターンが小さくても確実にプラスを、時間をかけて積み重ねていく(複利を生かす)」ことです。世界一の投資家であるウォーレン・バフェット氏も投資で最も大切なのは以下の2つのルールとしています。

 

  1. 絶対にお金を損しないこと。
  2. 絶対にルール1を忘れないこと。

 

この「損をしない」「プラスリターンを確実に積み重ねていく(複利を生かす)」という重要性を理解したところで資産運用は始まります。好きな企業の株、高配当・優待目当てのどういうわけか資産が増えない運用方法はやめましょう。クラシック且つ質実剛健な資産運用を行なっていくべきです。

私も資産運用歴はもうかなり長いです。そしてこの思考に辿り着き、プラスリターン×複利運用を実施してからの資産増加スピードは圧巻でした。この哲学を実践している、私のポートフォリオに入っているファンドも今回まとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

 

-日本中の投資信託を分析

© 2022 株式投資:富裕層が参加する勝者のゲーム Powered by AFFINGER5