インドネシア株式投資でおすすめ銘柄は?今後の全体の株価の見通しを含めてわかりやすく考察!

インドネシア株式市場

インドネシア株式投資でおすすめ銘柄は?今後の全体の株価の見通しを含めてわかりやすく考察!

2022年6月27日

インドネシアの経済については前回、以下の記事でお伝えしています。

→ インドネシア経済の発展が著しい理由とは?産業構造や特徴を紐解き今後の見通しをわかりやすくお伝えする!

 

ポイント

  • インドネシア株式市場は高い成長率に比して上昇幅は日経平均以下となっている
  • しかし割安な水準ではない
  • 金融政策上も追い風は期待できない
  • 個別株はADRを用いて購入可能

 

本日はいよいよ本題ともいえるインドネシアの株式市場について、

投資するのに魅力的な水準なのか?

魅力的な個別銘柄はあるのか?

という点を中心にしてお伝えしていきたいと思います。

 

【最新版】新興国投資信託・ETFおすすめランキング13選を紹介!ポイントは今後の成長力と株式市場の魅力度。

 

インドネシアの株式市場は既に割高

まずはインドネシアの株式市場全体の動きを見ていきましょう。以下はインドネシア版の日経平均ともいえるジャカルタ総合指数の値動きです。

ジャカルタ総合指数の株価推移

 

10年間で4000ポイントから7000ポイントに上昇しています。

その間の日経平均と比較したものが以下となります。アベノミクスで堅調に推移した日経平均に劣後した動きとなっています。

また、新興国株の特徴ではありますが値動きに激しさは目立ちますね。2020年のコロナショックでは40%ほど下落をこうむっています。

日経平均株価とジャカルタ総合指数

 

ではインドネシア株は割安水準といえるのでしょうか?

結論を申し上げますと、インドネシアは以下の表をご覧いただければ分かる通り、若干割高目のPER水準となっています。

 

地域・国 PER
(株価収益率)
PBR
(株価純資産倍率)
配当利回り 時価総額
インドネシア 17.9 2.5 2.97% 1303億ドル
全世界 16.3 2.7 2.08% 61.6兆ドル
先進国 16.8 2.8 1.99% 55.2兆ドル
エマージング国 13.2 1.9 2.92% 6.4兆ドル
ヨーロッパ 13.1 2 2.86% 10兆ドル
アジア・パシフィック 14.4 1.4 2.97% 6.8兆ドル
BRICs 12.3 1.7 2.9% 3.6兆ドル
日本 15 1.3 2.59% 3.7兆ドル
米国 19.1 4.2 1.51% 36.5兆ドル
中国 11.3 1.3 2.23% 2.1兆ドル
インド 32 3.8 1.29% 1.1兆ドル
ブラジル 5.9 1.7 10.33% 4225億ドル
イスラエル 11.9 1.7 2.19% 1259億ドル
マレーシア 14.5 1.5 4.16% 1222億ドル

折角であれば割安でなおかつ成長率が高い国に投資したいところですよね。

筆者が目をつけているのが中国です。国としての成長余力がまだまだ大きい上でPER11倍と異常に割安に放置されています。

→ 中国の株式市場への投資はおすすめできる?今後の見通しは?魅力的な個別銘柄やファンドを買い方も含めてわかりやすく解説!

 

何故、インドネシア経済は成長しているのに株価の伸びはイマイチなのか?

皆さん、経済は高成長しているのに株価の伸びがイマイチで、なおかつ割安ですらないということに疑問を持たれた方もいらっしゃると思います。

これは、所得が上昇したことによる購買力の上昇を先進国の企業に吸い取られていることに起因します。

 

所得が上昇すれば、日本の車や電気製品を購入しますし、スマホはAppleのiPhoneを購入しますし、検索はGoogleを用います。

つまり先進国の製品やサービスを使うので、先進国企業の収益の増加に寄与してしまうのです。

自国に高付加価値のある産業を育成できないかぎり経済成長の果実を自国の株式市場に還元することは難しいのです。

 

新興国でなかなか自国の高付加価値製品やサービスを生み出せる国は少ないです。

しかし、1つだけ例外となっている国があります。それが先ほどお伝えした中国です。

 

中国は米国の製品やサービスを遮断して、自国のハイテク産業を発展させアリババやテンセント、百度、Huaweiなどを育てあげています。

→ 躍進を続ける中国経済!崩壊が囁かれているが実態は?特徴と今後の見通しを含めてわかりやすく解説。

 

中国国民の消費が中国の産業に向かうことで今後株式市場が増大していくことが想定されます。

投資を行うのであれば、このように自国に強い産業が確立できている新興国の方が魅力的であると考えています。

 

金融政策は引き締めも緩和も行なっていない

株式市場において重要な決定要素となるポイントに金融政策があります。

アベノミクスで日本株が上昇したのも、日銀が大規模緩和を実施したことに起因しています。

また、コロナショック以降米国株が大幅に上昇したのもFRBによる利下げと量的緩和拡大に踏み切ったことがきっかけとなりました。

 

一方、現在世界的にインフレが進み米国をはじめ先進諸国で金融引き締めの動きが活発化しているため世界的に株価が軟調に推移しています。

インドネシアは2019年から利下げを実施してきましたが、現在は緩和を停止しています。

 

インドネシアの政策金利

 

理由は単純で、下の曲線をみていただければ分かる通り、世界中のインフレの煽りをインドネシアもまた受けているからです。

 

インドネシア銀行(中央銀行)は19日、政策金利を据え置く一方で、国内経済の成長率見通しを引き下げた。ロシアのウクライナ侵攻で強まった物価圧力を注視するとも表明した。同中銀は政策金利である7日物リバースレポ金利を過去最低の3.5%に据え置いた。ブルームバーグ調査でエコノミスト29人全員が予想した通りだった。

参照:Bloomberg

 

むしろインフレ率が上昇するようであれば金利上昇の可能性もあります。金融政策面からの追い風は期待できないでしょう。

一方、中国では他の国が利上げする中で、上海ロックダウンから立て直しをするために利下げを敢行しています。

金融政策が緩和的な国に投資をするのは波にのる大チャンスであるといえます。

 

インドネシアのおすすめ個別銘柄

インドネシア株の買い方とおすすめの銘柄を紹介します。

楽天証券やSBI証券でADR制度を利用して購入が可能

インドネシアの証券取引所に上場されている銘柄を日本から購入するのは困難です。

そのため、ADRという仕組みを使って購入することになります。ADRは楽天証券やSBI証券といった大手ネット証券で購入可能です。

 

以下はインド株のADRの例となりあす。

ADRは米国以外の国で設立された企業が発行した株式を裏づけとして米国で発行される有価証券です。

ADRは厳密には株式とは言えないのですが、裏づけとなる株式が存在するため株式を保有しているのと同じ効果を得ることが出来ます。

 

ADRとは?

 

それではADRで投資できる銘柄で魅力的なものをお伝えしていきます。

 

おすすめ銘柄①:バンクマンデリ

かつての日本がそうであったように新興国において経済が発展する局面では、その心臓にあたる銀行の収益は増加していきます。

バンクマンデリはインドネシア最大の国営商業銀行です。

インドネシアのメガバンクとして以下のとおり幅広くサービスを展開しています。

  • 中小・零細企業向け融資
  • 商業銀行
  • 法人銀行
  • トレジャリー
  • インターナショナル・バンキング
  • 消費者向け金融

まさにインドネシアの三菱UFJ銀行といったところですね。政府持ち株比率は60%をこえるため国有企業です。

 

バンクマンディリは以下の通り業績は右肩上がりを実現しています。

バンクマンディリの業績推移

 

株価も上昇していますがPERは11倍台という割安水準となっています。

政策金利の下落に歯止めがかかっているので業績の上昇が見込めるのもプラスの点です。

バンクマンディリの株価推移

 

 

おすすめ銘柄②:アストラ・インターナショナル

インドネシアはASEASNの中で最大の自動車産業を抱えています。以下の赤色の部分ですが右肩上がりとなっていますね。

ASEANの自動車産業にしめるインドネシアの地位

アストラインターナショナルはインドネシア最大の自動車企業です。

自動車、二輪車、スペア部品の組み立てから販売を手がけています。

業績はコロナで凹んでいますが、現在回復している途中となっています。

アストラインターナショナルの業績

 

株価はコロナショック以降しずんでいますが、ここから業績が立ち直るに連れて回復して高値を超えていくことが見込まれています。

PERは12倍台と割安なのもお得なポイントですね。

アストラインターナショナルの株価推移

 

まとめ

今回のポイントをまとめると以下となります。

ポイント

  • インドネシア株式市場は高い成長率に比して上昇幅は日経平均以下となっている
  • しかし割安な水準ではない
  • 金融政策上も追い風は期待できない
  • 個別株はADRを用いて購入可能

 

以下では新興国で2022年から魅力的と考えられるファンドをランキング形式でお伝えしています。

 

【最新版】新興国投資信託・ETFおすすめランキング13選を紹介!ポイントは今後の成長力と株式市場の魅力度。

最後に:資産を飛躍的に増やす方法は明確に決まっている

積み重ねる運用

 

 

資産を大きく増やすにはどうすれば良いのでしょうか?

上場小型ベンチャー株に力一杯、資金を投入。一か八か、株価の急騰を願ったり、信用取引でレバレッジを思いっきりかけてみるのも良さそうです。仮想通貨の草コインも人生一発逆転があるかもしれません。

断言します。上記のような思考の方は一生資産が増えません。

そもそも一発の取引で大儲けを狙えるというのは、同じく容易に資金を溶かす可能性も高いということです。そんなものは投資とは言えません。投機と考えても質が低いです。もう少し丁寧に資産の扱い(延いては人生)を考えてみましょう。思考をガラリと変えてみましょう。

 

大事なのは「リターンが小さくても確実にプラスを、時間をかけて積み重ねていく(複利を生かす)」ことです。世界一の投資家であるウォーレン・バフェット氏も投資で最も大切なのは以下の2つのルールとしています。

 

  1. 絶対にお金を損しないこと。
  2. 絶対にルール1を忘れないこと。

 

 

この「損をしない」「プラスリターンを確実に積み重ねていく(複利を生かす)」という重要性を理解したところで資産運用は始まります。好きな企業の株、高配当・優待目当てなど、あなたの資産を減らしてしまう運用はやめましょう。「Classic」且つ「質実剛健」な資産運用を行なっていくべきです。

 

私も資産運用歴は既にかなり長いです。そしてこの思考に辿り着き、プラスリターン×複利運用を実施してからの資産増加スピードは圧巻でした。この哲学を実践している、私のポートフォリオに入っているファンドも今回まとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

 

-インドネシア株式市場

© 2022 株式投資:富裕層が参加する勝者のゲーム Powered by AFFINGER5