中国投資信託「HSBCチャイナオープン」の評価とは?評判の新興国投信の今後の基準価額の推移を占う。

インド株式市場

HSBCインドオープンを徹底評価!成績が悪いとの口コミは本当?今後の見通しは魅力的なのか?

2022年6月27日

インドは成長力の高い魅力的な新興国ということもあり、

目をつけられている方も多いのではないでしょうか。

成長著しいインドを徹底解剖!なぜ経済は高成長を継続しているのか?政治や財政面も含めて今後の見通しをお伝えする。

 

インドは法律で利益獲得を狙う不動産事業の外国人の参入を禁止しているので、

個人投資家の現実的な投資先としては株式投資になります。

 

個別銘柄を選ぶのは難しいと考えられる方は、投資信託を選択肢として考えられている方も多いのではないでしょうか?

前回は話題の高成長インド・中型株式ファンドについて特集してきました。

本日は同じアクティブ型の投資信託であるHSBCインドオープンについて分析していきたいと思います。

 

関連:評判の高成長インド・中型株式ファンドを徹底評価!今後の見通しは明るいのか?

no image
【2022年最新】おすすめのインド投資信託はどれ?2021年にMSCIやSENSEXなどインデックスファンドを上回ったアクティブファンド(ETF)をランキング形式で紹介

インドは誰もが認める今後世界の覇権を狙うことができる注目の新興国です。 直近は世界銀行もウクライナ危機の影響を受けてインドの成長率予想を引き下げていますが、それでも尚、魅力的な成長国です。 &nbsp ...

続きを見る

今後インド株式市場への投資は魅力的なのか?おすすめ銘柄を含めてわかりやすく解説する!
今後インド株式市場への投資は魅力的なのか?おすすめ銘柄を含めてわかりやすく解説する!

前回の記事では、インド株式投資をするにあたって押さえておくべき経済状況、財政状況、政治状況についてお伝えしてきました。   今回はインド株式市場は魅力的なのか? 投資するならどののような方法 ...

続きを見る

 

 

HSBCインドオープンの目標とするインデックスは??

HSBCインドオープンは名前から分かる通り世界最大のメガバングHSBC系列のHSBC投信株式会社によって運営されています。

アクティブ型の投資信託ですが目標とするインデックスはS&P/IFC Investable Indiaとなります。

S&P/IFC Investable Indiaとは、インドの非居住者がインド株式への投資を行うことを前提として、時価総額、流動性や非居住者に対する各種投資制限(個別株、業種等)等を考慮し算出された時価総額加重平均インデックスです。

引用:HSBCインドオープンの目論見書

ベンチマークに対する成績について見ていきましょう。

 

HSBCインドオープンのベンチマークに対して低いパフォーマンス

HSBCインドオープンはアクティブ型の投資信託なのでベンチマークに対してプラスの成績を収めているかが非常に重要になります。

以下手数料控除後のHSBCインドオープンのS&P/IFC Investable Indiaとの比較なんですが大幅にアンダーパフォームしています。

HSBCインドオープンの成績vsベンチマーク

 

ベンチマークが5倍になっているにも関わらず分配金再投資した場合のパフォーマンスでも2.5倍にしかなっておらず半分の実績になっています。

データとしてみても常にどの期間で見てもベンチマークを下回っています。

HSBCインドオープンvsベンチマークの成績

 

またここで、悪い意味で重要なのは分配金を出しているということです。

分配金を拠出した後の基準価格が20,000円なのに対して分配金再投資した場合の基準価格は25,000円となります。

一方拠出された分配金は4,570円となります。

HSBCインドオープンの配当金

つまり分配金4,570円と基準価格27,876円を足し合わせても32,476円にしかならず、分配金再投資後の38,000円には及ばないのです。

毎月分配をだすことで都度20.315%の税金が拠出され、更に再投資される時に購入手数料が発生し、再投資による複利運用を実現することができません。

 

毎月分配型投資信託という形態は金融先進国の欧米では組成されておらず日本特有の仕組みです。

これは投資家を集めるためだけの宣伝で、結果的に最終利益が凹んでしまうという結果となり、

本当に投資家目線での仕組みとはなっていないのです。

HSBCインドオープンの他の投資信託とのパフォーマンス比較

先程HSBCインドオープンの成績が芳しくないことを見てきましたが、

他のファンドも全て指数を下回っていたら、相対的にはましな投資信託ということになります。

 

以下が、前回分析を行った高成長インド・中型株式ファンドと、

インド投資信託で優秀な成績を集めている新生・UTIインドファンドとの比較です。

 

項目 HSBC インドオープン 新生・UTIインドファンド 高成長インド・中型株式ファンド MSCIインド(配当込、円ベース)
トータルリターン1年 16.29% 7.68% 18.97% 20.26%
トータルリターン3年(年率) 10.89% 16.64% 15.93% 16.28%
トータルリターン5年(年率) 7.26% 13.22% 8.83% 12.05%
トータルリターン10年(年率) 11.63% 19.35% 17.93% 15.24%
シャープレシオ1年 1.01 0.46 1.34 --
シャープレシオ3年 0.38 0.62 0.55 --
シャープレシオ5年 0.29 0.56 0.35 --
シャープレシオ10年 0.46 0.85 0.74 --
標準偏差1年 16.13 16.70 14.16 --
標準偏差3年 28.39 26.81 29.04 --
標準偏差5年 25.01 23.72 25.12 --
標準偏差10年 25.25 22.85 24.26 --

 

MSCIインド指数のみならず、新生UTIインドファンド、高成長インド・中型株式ファンドに対しても大きく劣った成績となっていますね。

特にこの1年~3年の成績が芳しくないですね。

HSBCインドオープンと他のインド投資信託との比較チャート

 

チャートからみても特に2018年に入ってから特に軟調に推移していることが見て取れます。

 

HSBCインドオープンの低パフォーマンスなのか産業別配分から考察し今後の見通しを分析する

HSSBCインドオープンの産業別構成比率をMSCIインド指数と比較してみてみましょう。

S&P/IFC Investable Indiaは業種別組入銘柄は非公開です。

 

一般的にベンチマークとして使用されるMSCIインド指数を比較対象として用いています。

左側がHSBCインドオープン、右側がMSCIインド指数なのですが、

HSBCインドオープンの方が銀行の割合が多く、ITセクターの比率が少なくなっています。

HSBCインドオープンの産業別構成比率vsMSCIインドの産業別構成比率

 

この間インドの銀行は不良債権処理に追われて、弱含んで推移したことが重しになったと考えられます。

今後の見通しとしては2016年末に行われた高額紙幣の廃止の影響で国民が銀行口座を持ち始めたことを考えると、

今後銀行収益が続伸していくことが想定されます。

 

ベンチマークに対して挽回基調となっていくのではないかと考えております。

しかし、インドの株式市場自体が誰の目から見ても魅力的な市場なのでPERが25倍ということもあり割高水準となっています。

一旦の調整が起こり得ることは十分に考えられます。

→ 今後インド株式市場への投資は魅力的なのか?おすすめ銘柄を含めてわかりやすく解説する!

 

HSBCインドオープンの手数料

HSBCインドオープンに限った話ではありませんが、

HSBCインドオープンは購入手数料・信託手数料ともにアクティブ型投資信託の中でも高い水準となっております。

 

ファンド名 HSBC インドオープン 新生・UTIインドファンド 高成長インド・中型株式ファンド
販売手数料 3.85% 3.85% 3.85%
信託報酬 2.20% 1.95% 2.05%

 

販売手数料3.85%で信託報酬が2.2%(年率)であることを考えると、初年度は合計で5.94%と実に6%近い手数料が発生することになります。

これだけの手数料を払って指数や他の投資信託よりも、低いパフォーマンスしか出せていないことを考えると投資する価値はなさそうですね。

新興国の投資信託が高い理由として、現地市場へのアクセスに費用が発生することや、取引するたびに発生する為替手数料が高いことも影響しています。

 

インドの投資信託より大きなリターンを狙うことが出来るおすすめ新興国投資法

HSBCインドオープンはアクティブ型の投資信託として高い手数料が発生するにも関わらず、

ベンチマークを大きく下回る成績しか出せていない投資妙味が少ない投資信託です。

 

インド投資信託の中には新生UTIインドファンドのように指数を上回る投資信託もありますが、

そもそも先ほども申し上げた通り、インドの株式市場自体が割高となっており現時点で投資を行うと高値掴みとなってしまう可能性があります。

 

新興国投資で大きな利益を狙うことができる投資先については以下で詳しくお伝えしていますので参考にしていただければと思います。

 

【最新版】新興国投資信託・ETFおすすめランキング13選を紹介!ポイントは今後の成長力と株式市場の魅力度。

最後に:資産を飛躍的に増やす方法は明確に決まっている

積み重ねる運用

 

 

資産を大きく増やすにはどうすれば良いのでしょうか?

上場小型ベンチャー株に力一杯、資金を投入。一か八か、株価の急騰を願ったり、信用取引でレバレッジを思いっきりかけてみるのも良さそうです。仮想通貨の草コインも人生一発逆転があるかもしれません。

断言します。上記のような思考の方は一生資産が増えません。

そもそも一発の取引で大儲けを狙えるというのは、同じく容易に資金を溶かす可能性も高いということです。そんなものは投資とは言えません。投機と考えても質が低いです。もう少し丁寧に資産の扱い(延いては人生)を考えてみましょう。思考をガラリと変えてみましょう。

 

大事なのは「リターンが小さくても確実にプラスを、時間をかけて積み重ねていく(複利を生かす)」ことです。世界一の投資家であるウォーレン・バフェット氏も投資で最も大切なのは以下の2つのルールとしています。

 

  1. 絶対にお金を損しないこと。
  2. 絶対にルール1を忘れないこと。

 

 

この「損をしない」「プラスリターンを確実に積み重ねていく(複利を生かす)」という重要性を理解したところで資産運用は始まります。好きな企業の株、高配当・優待目当てなど、あなたの資産を減らしてしまう運用はやめましょう。「Classic」且つ「質実剛健」な資産運用を行なっていくべきです。

 

私も資産運用歴は既にかなり長いです。そしてこの思考に辿り着き、プラスリターン×複利運用を実施してからの資産増加スピードは圧巻でした。この哲学を実践している、私のポートフォリオに入っているファンドも今回まとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

 

-インド株式市場

© 2022 株式投資:富裕層が参加する勝者のゲーム Powered by AFFINGER5