日本中の投資信託を分析

長年の歴史を誇るフィデリティ・日本成長株・ファンドを徹底評価!特徴から口コミや評判を含めて網羅的に紐解く。

日本株に投資をする投資信託は非常に多く存在しています。

有名なものとしては「ひふみ投信」や「さわかみ投信」、「ジェイリバイブ」などがありますね。当サイトでもこれかのファンドについては紹介してきました。

今回は世界的にも有名な運用会社であるフィデリティが運営する日本株ファンド「フィデリティ・日本成長株・ファンド」について紐解いていきたいと思います。

 

フィデリティ・日本成長株・ファンドの特徴とは?

それではフィデリティ・日本成長株・ファンドの特徴についてお伝えしていきたいと思います。

日本株を厳選してアクティブリターンを狙うアクティブファンド

投信には大きく分けて2種類あります。1つはTOPIXや日経平均に対して連動する動きを志すインデックス型の投資信託です。

一方、インデックスに対してプラスのリターンを出すことを目指して運用されているのがアクティブ型のファンドです。

 

フィデリティ・日本成長株・ファンドはアクティブリターンを狙うアクティブ型の投資信託として運用されています。

確かに以下の通り東証一部の成績を索引しているのは一部の銘柄です。実はマイナスリターンとなった銘柄が60%以上を占めているのです。

指数全体に投資をしてしまっていては下位7割の劣等生にも投資をすることになります。

 

TOPIX構成銘柄をリターン毎に分類

分類 銘柄数
全体に占める割合
平均騰落率
50%以上上昇した銘柄 122銘柄
5.7%
+102.5%
TOPIXを上回った銘柄 579銘柄
27.1%
+40.3%
TOPIXを下回った銘柄 1,554銘柄
71.5%
▲17.3%
マイナスリターン銘柄 1,335銘柄
62.5%
▲20.7%

 

上位30%だけを選択することができればリターンを大きく向上させることができますね。ただ、言うは易し行うは難しです。

以下、金融庁の集計の通り残念ながら平均的な成績はアクティブ型投信よりインデックス型投信の方が圧倒的に高いと言う結果になっているのです。

日本のアクティブ型投信のリターンはインデックス型に大幅に劣後

 

コラム①:運用会社「フィデリティ」とは?

フィデリティは1969年から日本での活動を開始していますが、本家は米国のフィデリティ・インターナショナルで1946年に設立されている資産運用会社です。

フィデリティ・インターナショナルのルーツは1946年に米国ボストンで誕生した資産運用会社にあります。設立以来、常にお客様の利益を最優先し、その経営の独立性を大切にするため株式を公開しておらず、世界有数の独立系資産運用グループとなった今でも変わることはありません。
外部株主のために働くことを余儀なくされることなく「顧客第一主義」を貫く、それがフィデリティ・インターナショナルの強みです。

参照:フィデリティ証券

 

米国籍の運用会社としては前回「キャピタル世界株式ファンド」でお伝えしたキャピタルグループに次ぐ規模を誇っています。

 

米国籍ファンドの運用会社別純資産残高

 

コラム②:日本の企業の実力は順調に伸びている!?

日本の株式市場というとバブル以降冴えない動きばかりしていると落胆している方もいらっしゃると思います。

しかし、企業の1株あたりの純利益であるEPSは着実に上昇してきており、EPSに合わせた形で株価も堅調に推移しています。

日本企業の利益とTOPIX(配当込)の推移

 

また、現在PERは欧米に対しても低い水準で、割安度が高い日本株はこれからまだまだ上昇する余地がある魅力的な株式市場となっているのです。

割安な日本の株式市場

 

日本株に投資して素晴らしいリターンを残しているファンドを筆者の目線でまとめていますので以下参考にしていただければと思います。

 

【最新版】日本国内のおすすめヘッジファンドをランキング形式で掲載!投資する際に気をつけたいポイントなど網羅的に解説。

 

注目している産業や事業領域

フィデリティ・日本成長株・ファンドは以下の事業領域に注目しています。

省エネ・省資源 エネルギー資源を効率的に活用できるようにする製品やサービスを出している企業軍
自動化・省人化 日本、中国、ドイツといった製造大国の生産労働人口急減を補ういオートメーションサービスを出している企業群
新興国需要 成長の勢いが止まらない新興国の需要を取り込める企業群
ヘルスケア 高齢化に伴い高度な医療への需要は高まるため、この需要を満たす企業群
デジタル革命 IoT化が進む現在においてデジタル革命を牽引する企業群

 

構成上位10銘柄

以下はフィデリティ・日本株・成長ファンドの2022年2月末時点での構成上位10銘柄です。組み入れ銘柄は200銘柄程度と非常に多くなっていますが、以下の銘柄で33.2%を占めるに至っています。

 

銘柄 業種 比率
1 ソニーグループ 電気機器 5.90%
2 キーエンス 電気機器 4.90%
3 ミスミグループ本社 卸売業 4.80%
4 リクルートホールディングス サービス業 3.10%
5 オリンパス 精密機器 2.90%
6 Zホールディングス 情報・通信業 2.60%
7 東京海上ホールディングス 保険業 2.40%
8 三浦工業 機械 2.30%
9 SMC 機械 2.20%
10 マキタ 機械 2.10%

 

以下はフィデリティ・日本株・成長ファンドの2021年2月末時点での構成上位10銘柄です。1年で上下動していますね。

なんとトップ10に入っていなかったソニーグループが2022年には一位に躍り出ています。

 

銘柄 比率 テーマ
ミスミグループ 4.4% 自動化・省人化
デジタル革命
キーエンス 4.2% 自動化・省人化
デジタル革命
三浦工業 3.1% 省エネ・省資源
シマノ 2.7% 省エネ・省資源
新興国の消費拡大
ヘルスケア
オリンパス 2.7% ヘルスケア
マキタ 2.4% 自動化・省人化
リクルートホールディングス 2.3% デジタル革命
デジタル革命
日本電産 2.2% 省エネ・省資源
島津製作所 2.2% 省エネ・省資源
TDK 2.1% 省エネ・省資源
デジタル革命

 

全般的にデジタル革命、自動化・省人化の銘柄を多く組み入れているのが読み取れますね。それでは肝心のリターンについてみていきたいと思います。

 

ノーロードだが信託手数料は平均的なアクティブファンドと同水準

フィデリティ・日本成長株・ファンドは購入するときに手数料がかからないノーロード型の投資信託です。

ただ、毎年発生する信託手数料は年率1.683%と一般的なアクティブ型投信と同水準になっております。

 

フィデリティ・日本成長株・ファンドのリターン

それでは肝心のフィデリティ・日本成長株・ファンドのリターンについてみていきましょう。

以下は運用開始となった1998年4月からのフィデリティ・日本成長株・ファンドの基準価額です。

基準価額チャート

 

未だに2004年の純資産総額を下回っており、基準価額も20年を超えてようやく3倍程度となっています。運用成績に不安が残ります。

以下がデータとなっています。直近1年はマイナスに落ち込んでいます。

 

1年 3年(年率) 5年(年率) 10年(年率)
トータルリターン -2.28% 10.94% 8.22% 11.16%
カテゴリー -3.24% 9.95% 8.35% 11.92%
+/- カテゴリー 0.96% 0.99% -0.13% -0.76%
ファンド数 219本 208本 192本 122本
標準偏差 15.17 17.03 16.84 17.14
カテゴリー 13.79 17.87 17.04 18.19
+/- カテゴリー 1.38 -0.84 -0.2 -1.05
ファンド数 219本 208本 192本 122本
シャープレシオ -0.15 0.64 0.49 0.65
カテゴリー -0.24 0.57 0.5 0.67
+/- カテゴリー 0.09 0.07 -0.01 -0.02
ファンド数 219本 208本 192本 122本

 

投資におけるリスクである標準偏差も非常に大きな値を示しています。

つまり、かなり値動きの幅が大きいということがいえますね。

 

因みにTOPIXと日経平均には一見するとアウトパフォームしています。

しかし、下記の図は配当金を出した後の日経平均となりますので、配当金を加味すると大きく劣後する成績となってしまっています。

フィデリティ日本成長株ファンドとTOPIXと日経平均株価の比較

 

フィデリティ・日本成長株・ファンドの評判や口コミ

実際にフィデリティ・日本成長株・ファンドについてどのような口コミがあるのかをTwitter上から引用していきたいと思います。

どうやら企業版DCに組み入れられているそうで、その中では比較的評判がよいようです。ただ、あくまで「まとも」や「まし」といった表現ですが・・・。

 

フィデリティ・日本成長株・ファンドとかいうやつですね。 選べる中で1番まともそうだったやつ。。笑

@final_audio_3

 

また、手数料水準に対する不満の声も聞かれました。

こんにちは!フィデリティ・日本成長株・ファンドを調べたのですが信託報酬が年1.683%(税抜1.53%)とめちゃくちゃ高いですね(^_^;)

@_akkin_nara

 

まとめ

今回のフィデリティ・日本成長株・ファンドのポイントは以下となります。

  • 日本株に投資するアクティブファンド
  • フィデリティは米国籍で2番目の規模のファンド
  • 投資銘柄は300銘柄以上で過度に分散されている
  • リターンはTOPIX以上日経平均未満
  • 価格の値動きが激しく暴落局面に弱い

 

資産運用で重要なことは資産価格をできる限り落とすことなく、安定的に資産価格を上昇させていくことです。

 

フィデリティ・日本成長株・ファンドは値動きが激しすぎるので、あまり長期投資に適しているとはいえません。以下のランキングでは長期投資に適したファンドをお伝えしていますので参考にしていただければと思います。

最後に:資産を飛躍的に増やす方法は明確に決まっている

資産を大きく増やすにはどうすれば良いのでしょうか?

マザーズの小型ベンチャー株に思いっきり資金を投入。一か八か、株価が急騰を願ったり、信用取引でレバレッジを思いっきりかけてみるのも良さそうです。仮想通貨の草コインも人生一発逆転があるかもしれません。

断言します。上記のような思考の方は一生資産が増えません。そもそも一発の取引で大儲けを狙えるというのは、同じく容易に資金を溶かす可能性も高いということです。そんなものは投資とは言えません。投機と考えても質が低いです。もう少し丁寧に資産の扱い(延いては人生)を考えてみましょう。思考をガラリと変えてみましょう。

 

大事なのは「リターンが小さくても確実にプラスを、時間をかけて積み重ねていく(複利を生かす)」ことです。世界一の投資家であるウォーレン・バフェット氏も投資で最も大切なのは以下の2つのルールとしています。

 

  1. 絶対にお金を損しないこと。
  2. 絶対にルール1を忘れないこと。

 

この「損をしない」「プラスリターンを確実に積み重ねていく(複利を生かす)」という重要性を理解したところで資産運用は始まります。好きな企業の株、高配当・優待目当てのどういうわけか資産が増えない運用方法はやめましょう。クラシック且つ質実剛健な資産運用を行なっていくべきです。

私も資産運用歴はもうかなり長いです。そしてこの思考に辿り着き、プラスリターン×複利運用を実施してからの資産増加スピードは圧巻でした。この哲学を実践している、私のポートフォリオに入っているファンドも今回まとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

 

-日本中の投資信託を分析

© 2022 株式投資:富裕層が参加する勝者のゲーム Powered by AFFINGER5