インド株式市場

イーストスプリング・インド・インフラ株式ファンドの評判は抜群?投資信託基準価額チャート、PF1位のリライアンス・インダストリーズの株価から考える相場状況。

2022年6月27日

インドの株式市場が世界中から注目を集めていることは、投資家であれば誰しもが知るところでしょう。

経済成長率も高く、人口爆発の大国に期待を持たない人はいません。

しかし、2020年に突如訪れたCovid-19パンデミックにより、先進国、新興国問わず世界中の国が経済打撃を被りました。

 

たまらず世界銀行もインドの成長率見通しを引き下げましたが、それでも長期目線では上ではないかと筆者は思っています。

[ニューデリー ロイター] - 世界銀行は13日、インドと南アジア地域の成長率予想を引き下げた。ウクライナ危機によるサプライチェーン(供給網)のボトルネック悪化やインフレ高進を理由に挙げた。

世銀、インドと南アジアの成長率予想引き下げ ウクライナ危機で

 

さて、今回はインドの経済成長を自分のポートフォリオリターンに取り込むべく、インドの投資信託を見ていきたいと思います。

今回取り上げるのは、イーストスプリング・インド・インフラ株式ファンドです。

 

no image
【2022年最新】おすすめのインド投資信託はどれ?2021年にMSCIやSENSEXなどインデックスファンドを上回ったアクティブファンド(ETF)をランキング形式で紹介

インドは誰もが認める今後世界の覇権を狙うことができる注目の新興国です。 直近は世界銀行もウクライナ危機の影響を受けてインドの成長率予想を引き下げていますが、それでも尚、魅力的な成長国です。 &nbsp ...

続きを見る

今後インド株式市場への投資は魅力的なのか?おすすめ銘柄を含めてわかりやすく解説する!
今後インド株式市場への投資は魅力的なのか?おすすめ銘柄を含めてわかりやすく解説する!

前回の記事では、インド株式投資をするにあたって押さえておくべき経済状況、財政状況、政治状況についてお伝えしてきました。   今回はインド株式市場は魅力的なのか? 投資するならどののような方法 ...

続きを見る

 

 

イーストスプリング・インド・インフラ株式ファンドの特徴

まずはファンドの特徴を見ていきましょう。

目論見書はこちらです。

 

インド上場インフラ関連株式を投資対象とする投資信託証券に投資

これまで筆者が分析してきたインドのアクティブ投信はほとんどが金融、情報技術への集中投資をメインとしていました。

しかし、イーストスプリング・インド・インフラ株式ファンドはインフラ関連株を投資対象としており非常に新鮮です。

インフラ株で長期的な安定運用を目指すとのことで安定性を売りにしているファンドだと思います。新興国投資で安定運用というとあれですが、成長株に投資しているファンドよりは損失を出す確率が低いのは間違い無いでしょう。

 

運用プロセスは以下です。特に特徴はありません。

運用プロセス

 

 

ファンズオブファンズ方式の運用となっています。

ファンド・オブ・ファンズ形式

 

 

資本財、銀行に重きを置いたPF

上記でも触れましたが、インド投信といえば銀行、情報技術に投資しておけばOKというアクティブファンドが多かった中で、イーストスプリング・インド・インフラ株式ファンドは資本財が業種ポートフォリオ上位に来ています。

2022年5月末

業種 純資産比
資本財 17.8%
銀行 15.7%
素材 12.7%
不動産 11.6%
運輸 10.5%
エネルギー 8.9%
公益事業 4.4%
各種金融 4.2%
耐久消費財・アパレル 3.3%
商業・専門サービス 2.5%

 

2022年5月末時点の具体的なポートフォリオは以下となっています。

 

組入上位10銘柄
銘柄 業種 純資産比
リライアンス・インダストリーズ エネルギー 8.9%
ICICI銀行 金融 7.7%
ラーセン&トゥブロ 資本財 7.1%
ブリゲード・エンタープライズ 不動産 4.7%
アクシス銀行 銀行 4.6%
インド・コンテナ 運輸 4.1%
グラインドウェル・ノートン 資本財 3.5%
インドガス公社 公益事業 3.5%
タタ・スチール 素材 3.4%
デリーベリー 運輸 3.2%
合計 50.7%

 

ポートフォリオ上位のリライアンス・インダストリーズ、ICICI銀行を見て、筆者は落胆しました。結局他のインド投信のポートフォリオ上位と変わらないからです。

とはいえ、上位は変わらずとも運輸、グラインドウェル・ノートンなどがポートフォリオに入っているのでここは大きく違います。ポートフォリオの並びを見るに、かなりのパフォーマンスを上げているのでは無いかとここで感じます。インフレでも価格転嫁できる企業ばかりですからね。

 

さて、ポートフォリオ1位のリライアンス・インダストリーズは石油化学品および繊維メーカーです。

こちらの企業はHSBCインドオープンや野村インド株投資ファンド、新光ピュア・インド株式ファンドでもポートフォリオ1位となっております。大人気銘柄となっております。

 

金融緩和×インフレにより株価は上昇を続け、インドのアクティブファンドにハイリターンをもたらした銘柄とも言えます。存在感的には米国でいえばAPPLEのようですね。テクノロジーでは無いですが、エクソンモービルと同様の位置付けとも言えるかもしれません。

リライアンス・インダストリーズの株価推移

 

 

しかし、インフレは進んでいますが、あまりにも高進し続けているため、いずれ間違いなく金融引き締めの時はきます。そして株価とは急上昇すればするほど下落幅、下落速度も大きく、速くなります。

イーストスプリング・インド・インフラ株式ファンドは長期保有ファンドなのでここで利確をするような方針では無いと思われるので、損失覚悟の保有を続けることになると思います。

これまで上昇を謳歌してきたので、次は下落のターンですね。

 

 

ポートフォリオ位のICICI銀行はインドの市中銀行です。一般業務、プライベートバンキング、投資商品の仲介などを行っています。伝統的な銀行業務ですね。大企業、中小企業融資も行っています。

想像以上にグローバルでして、世界19カ国で事業を展開しています。

 

ICICIバンクの株価推移

 

こちらは資本財のリライアンス・インダストリーズよりも先に下落を開始しています。

インド株式市場の未来を占うような株価変動ですね。新興国株式市場は非常に魅力的な投資対象なるも、タイミングを間違えると大損失を被ります。

 

株式市場の見通しについては、新生UTIインドファンドの記事の「インド株式市場の見通し」を確認してください。簡単に言えば、すでに高インフレなので今後は中央銀行の引き締めが始まり、株式市場はしばらく軟調になるという内容となっています。

今ではない、ということですね。

 

 

新興国投信ならではの高い手数料水準

イーストスプリング・インド・インフラ株式ファンドの手数料は以下となっています。

 

購入手数料:3.3% (税込)
信託手数料:1.9497% (税込)

 

国内の投資信託よりは高水準ですが、新興国の株にアクセスするのはコストもかかるので致し方ない側面もあります。

 

 

イーストスプリング・インド・インフラ株式ファンドの基準価額の推移

イーストスプリング・インド・インフラ株式ファンドの基準価額の推移を見ていきましょう。

イーストスプリング・インド・インフラ株式ファンド基準価額・純資産総額の推移/ファンドの運⽤状況

 

 

2006年運用開始で、基準価額はほぼ横ばい、分配再投資でも2倍程度にしかなっていません。

上記でパフォーマンスに期待しましたが、直近の1年しか成果を出していないかもしれません。不安になってきました。

 

以下は他の投資信託との比較です。過去5年のリターンですが、イーストスプリング・インド・インフラ株式ファンドのリターンはインド投信の中ではミドルクラスですね。新生UTIインドファンドと指数が強すぎます。

 

黄色:イーストスプリング・インド・インフラ株式ファンド
青色:新生・UTIインドファンド
赤色:ムンバイSENSEX30
緑色:高成長インド・中型株式ファンド

インド投信比較

 

 

さらなる信頼性を担保するために10年リターンを見ていきます。5番目のリターンですね。リスクを測る標準偏差が非常に高く、その点も考慮すると新光 ピュア・インド株式ファンドの方が優良ファンドと言えるでしょう。

 

ファンド名 イーストS・インド・インフラ株式ファンド 新生・UTIインドファンド 高成長インド・中型株式ファンド ドイチェ・インド株式ファンド 野村 インド株投資 新光 ピュア・インド株式ファンド HSBC インドオープン iTrustインド株式 MSCIインド(配当込、円ベース)
トータルリターン1年 20.86% 7.68% 18.97% 13.60% 14.75% 16.63% 16.29% 10.90% 20.26%
トータルリターン3年(年率) 15.80% 16.64% 15.93% 13.70% 9.91% 11.39% 10.89% 13.72% 16.28%
トータルリターン5年(年率) 9.69% 13.22% 8.83% 10.76% 7.35% 7.90% 7.26% -- 12.05%
トータルリターン10年(年率) 13.87% 19.35% 17.93% 14.73% 14.23% 13.59% 11.63% -- 15.24%
シャープレシオ1年 1.29 0.46 1.34 0.92 1.05 1.16 1.01 0.92 --
シャープレシオ3年 0.48 0.62 0.55 0.53 0.4 0.46 0.38 0.55 --
シャープレシオ5年 0.34 0.56 0.35 0.47 0.33 0.37 0.29 -- --
シャープレシオ10年 0.49 0.85 0.74 0.67 0.64 0.61 0.46 -- --
標準偏差1年 16.2 16.7 14.16 14.79 14.07 14.38 16.13 11.83 --
標準偏差3年 33.01 26.81 29.04 25.7 24.61 24.64 28.39 24.86 --
標準偏差5年 28.48 23.72 25.12 22.96 22.14 21.55 25.01 -- --
標準偏差10年 28.11 22.85 24.26 22.08 22.24 22.21 25.25 -- --

 

いずれにせよ、インド投信の時代は数年後だと筆者は経済見通し、株式市場の環境から考えており、今は投資すべきタイミングではないと思われます。

 

まとめ

イーストS・インド・インフラ株式ファンドを今回はまとめました。

ポイント

  • インド上場インフラ関連株式を投資対象とする投資信託証券に投資
  • 資本財、銀行に重きを置いたPF
  • イーストスプリング・インド・インフラ株式ファンドのリターンはインド投信の中ではミドルクラス
  • インド投信の時代は数年後だと筆者は経済見通し、株式市場の環境から考えており、今は投資すべきタイミングではない

 

 

最後に:資産を飛躍的に増やす方法は明確に決まっている

積み重ねる運用

 

 

資産を大きく増やすにはどうすれば良いのでしょうか?

上場小型ベンチャー株に力一杯、資金を投入。一か八か、株価の急騰を願ったり、信用取引でレバレッジを思いっきりかけてみるのも良さそうです。仮想通貨の草コインも人生一発逆転があるかもしれません。

断言します。上記のような思考の方は一生資産が増えません。

そもそも一発の取引で大儲けを狙えるというのは、同じく容易に資金を溶かす可能性も高いということです。そんなものは投資とは言えません。投機と考えても質が低いです。もう少し丁寧に資産の扱い(延いては人生)を考えてみましょう。思考をガラリと変えてみましょう。

 

大事なのは「リターンが小さくても確実にプラスを、時間をかけて積み重ねていく(複利を生かす)」ことです。世界一の投資家であるウォーレン・バフェット氏も投資で最も大切なのは以下の2つのルールとしています。

 

  1. 絶対にお金を損しないこと。
  2. 絶対にルール1を忘れないこと。

 

 

この「損をしない」「プラスリターンを確実に積み重ねていく(複利を生かす)」という重要性を理解したところで資産運用は始まります。好きな企業の株、高配当・優待目当てなど、あなたの資産を減らしてしまう運用はやめましょう。「Classic」且つ「質実剛健」な資産運用を行なっていくべきです。

 

私も資産運用歴は既にかなり長いです。そしてこの思考に辿り着き、プラスリターン×複利運用を実施してからの資産増加スピードは圧巻でした。この哲学を実践している、私のポートフォリオに入っているファンドも今回まとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

 

-インド株式市場

© 2022 株式投資:富裕層が参加する勝者のゲーム Powered by AFFINGER5