日本中の投資信託を分析

【THE 5G】5G銘柄への投資で評判?「次世代通信関連・世界株式戦略ファンド」を徹底評価。

AI関連ファンドに投資できるグローバルAIファンドなど、様々なテーマ株投信が日本には存在します。

たしかにAI関連も今の時代ホットなテーマではあります。

しかし、丁度日本でも普及し始めている5G関連銘柄も今話題の投資先として魅力を増しています。

 

5Gを中心として次世代の通信関連の企業に投資する投資信託として「次世代通信関連・世界株式戦略ファンド」が人気を誇っています。

名前が長いので以降は愛称として親しまれている「THE 5G」とすることとします。今回はそんな「THE 5G」について紐解いていきたいと思います。

 

関連記事>>> 日本中の投資信託を分析

 

投資信託「THE 5G」の特徴とは?

それではまずは「THE 5G」の特徴について見ていきたいと思います。

Next Generation Connectivity Fund JPY Unhedged Classに投資

「THE 5G」を販売しているのは三井住友トラストアセットですが、実際にニューバーガー・バーマン・グループが運用するNext Generation Connectivity Fund JPY Unhedged Classに投資をしています。

つまり運用はニューバーガー・バーマン・グループが担っているということですね。ニューバーガー・バーマン・グループについての説明は以下となります。

 

  • 1939年創業の資産運用会社で、米国ニューヨークに本社を置き、世界の運用拠点にて約660名の運用担当者 が、世界中の機関投資家や個人投資家向けに、様々な資産運用サービスを提供しています。
  • 運用総資産残高は約3,568億米ドル(約38兆円)、従業員数は約2,300名を有する独立系の資産運用会社です。

参照:請求目論見書

 

日本では類を見ないレベルの巨大な資産を運用している投資信託ということができますね。

 

投資しているのは5G関連銘柄

「THE 5G」は5G関連銘柄に投資をしていきます。

5Gが普及することであらゆるモノがインターネットにつながるIoTが実現していきます。

 

IoTは現在433兆円の市場規模となっていますが、2025年までに1,336兆円の市場規模となることが見込まれています。

一言にIoTといっても以下のように様々な分野が存在しています。

 

小売 139.2兆円
作業現場 111.6兆円
都市 199.2兆円
42.0兆円
工場 444.0兆円
オフィス 18.0兆円
ウェアラブル 190.8兆円
車・その他 190.8兆円
合計 1,336兆円

参照:SMBC

 

世界第3位のGDPを誇る日本のGDPが約600兆円であることを考えると、如何に潜在性の高い市場であることが分かりますね。

 

「THE 5G」構成国は米国と中国で70%を占める

2022年2月末のTHE 5Gの構成上位国は以下の通りですが、米国と中国だけで全体の7割を占めています。

 

構成国 比率
1 米国 63.31%
2 中国 8.01%
3 日本 7.45%
4 台湾 7.19%
5 オランダ 3.57%
6 韓国 3.17%
7 フィンランド 2.93%
8 スペイン 0.98%

 

2021年2月末における構成国は以下でした。1年で米国の比重がさらに上がり、中国からは抜けていることがわかります。日本はさらに比率は下がっており、米国への集中が進んでいます。

 

構成国 比率
米国 59.96%
中国 12.13%
日本 5.49%
台湾 4.85%
韓国 3.13%
スペイン 2.89%
スウェーデン 2.55%
英国 2.23%
シンガポール 1.88%
フィンランド 0.99%

 

「THE 5G」の構成上位銘柄

THE 5Gの構成銘柄は48銘柄となっています。2022年2月末時点でのトップ10銘柄は以下となっています。

なんと全て業種は情報技術です。米国AMD、サービスナウなどクラウド企業などが入っています。半導体が上位を占めていますね。かなり集中的なポートフォリオなので当たればデカイのかもしれません。

 

銘柄 国名 業種 産業分野 構成比率 概要
1 アドバンスト・マイクロ・デバイセズ 米国 情報技術 通信インフラ関連 4.07% 米国の半導体メーカーで、CPU(演算処理半導体)や
GPU(画像処理半導体)に強みを有する企業。
2 モノリシック・パワー・システムズ 米国 情報技術 通信インフラ関連 3.81% 米国の半導体メーカーで、電子機器の電流を制御する
アナログ・パワー半導体に強みを有している。
3 マーベル・テクノロジー 米国 情報技術 通信インフラ関連 3.73% 米国の半導体メーカー。通信基地局やデータセンター向
けの半導体に強みを有する。
4 ハンヂョウ・シーラン・マイクロエレクトロニクス 中国 情報技術 IoT機器・装置
関連
3.72% パワー半導体を手掛ける中国企業。電機機器や産業用
機器における電力の制御、供給を担う製品を手掛ける。
5 ASMインターナショナル オランダ 情報技術 IoT機器・装置
関連
3.57% オランダの半導体製造装置メーカー。半導体ウエハー
上に回路の素材となる膜を形成する成膜装置に強みを
有する。
6 ハブスポット 米国 情報技術 通信インフラ関連 3.48% オンラインマーケティングに必要なソフトウェアを手掛け
る。中小事業者向け製品に強みを有する。
7 アドバンテスト 日本 情報技術 IoT機器・装置
関連
3.46% 半導体テスタのメーカーで、同分野において高い市場
シェアを有しており、5Gの普及や社会のIoT化にとって次
世代の半導体は必要不可欠な存在。
8 ビル・コム・ホールディングス 米国 情報技術 通信インフラ関連 3.46% クラウドベース財務処理ソフトウェアを提供する米国企
業。主に中小事業者向けの製品を手掛ける。
9 サービスナウ 米国 情報技術 通信インフラ関連 3.38% クラウドを通じて業務支援ソフトウェアを提供するプラット
フォームに強みを有する。業務支援ソフトウェアの分野
におけるグローバルリーダー。
10 キーサイト・テクノロジーズ 米国 情報技術 通信インフラ関連 3.34% 世界中の通信関連企業を顧客に持つ電子計測機器
メーカー。ネットワークの通信状況を計測するテスト機器
に強み。

 

 

以下は2021年2月末時点の上位10銘柄となっています。一位に中国のECのJD .com、電子部品の日本企業である村田製作所が上位にいましたが、内容が様変わりしています。アクティブファンドはやはり、相場の状況に応じて迅速に動きますね。

 

銘柄
国名
産業分野
概要 構成比率
JDドットコム
中国
通信サービス
独自の物流システムを整備している中国版アマゾン 3.67%
キーサイト
テクノロジーズ
米国
通信インフラ
世界中の通信関連企業を顧客に持つ電子計測機器メーカー 3.63%
村田製作所
日本
IoT機器
電子部品企業。MLCCや無線通信用の電子部品に強みを有する 3.43%
ゼンデスク
米国
通信サービス関連
自動応答やチャットシステムなどカスタマーサポート関連のソフトウェアをクラウドベースで提供 3.37%
TモバイルUS
米国
通信関連サービス
ワイヤレス通信プロバイダー。米国全国規模の携帯電話事業者の大手 3.09%
バンドワイズ
米国
通信関連サービス
インターネットを介した音声通話サービスを提供する米国企業 3.09%
アナログ・デバイセズ
米国
IoT機器
アナログおよびデジタル信号処理用集積回路の設計、製造、販売会社。 3.06%
ツーシックス
米国
通信インフラ関連
光学部品や半導体の材料となるウエハーを提供する米国の電子部品メーカー 2.92%
アドバンスト
マイクロ・デバイセズ
米国
通信インフラ関連
米国の半導体メーカーでCPUやGPUに強みを有する企業 2.91%
セルネックステレコム
スペイン
通信インフラ関連
通信キャルアやメディア企業を主な顧客として5万基以上の通信タワーを運営するスペインの企業 2.89%

 

10銘柄で約40%を占めておりましたが、2022年は36%となっています。分散が進んでいます。

米国の金融引き締めで、相場リスクは高まっていますからね。

 

 

手数料はアクティブ型投資信託の中でも高い水準

最初にお伝えしている通り、Next Generation Connectivity Fund JPY Unhedged Classに投資をしているためニューバーガー・バーマン・グループへの手数料と三井住友アセットへの手数料が発生します。

つまり以下の通り手数料は非常に高い水準となります。

  • 購入手数料:3.3%(税込)
  • 信託手数料:年率1.188%(税込)

 

 

「THE 5G」の運用実績を紐解く

それでは肝心の「THE 5G」の運用実績についてお伝えしていきたいと思います。

コロナショック後に急速に基準価格を伸ばす

肝心な成績ですが、コロナショック後に2倍になりました。

しかし、2022年初頭の株式相場の下落でかなり利益を吐き出してしまっています。

基準価額・純資産総額チャート

 

 

データとしてみると以下となります。標準偏差というのは投資におけるリスク指標となっています。

 

1年 3年(年率)
トータルリターン -7.98% 15.93%
カテゴリー 6.91% 12.42%
+/- カテゴリー -14.89% 3.51%
ファンド数 314本 223本
標準偏差 24.35 20.81
カテゴリー 16.09 19.44
+/- カテゴリー 8.26 1.37
ファンド数 314本 223本
シャープレシオ -0.33 0.77
カテゴリー 0.61 0.66
+/- カテゴリー -0.94 0.11
ファンド数 314本 223本

 

ここ1年のトータルリターンは-7.98%と厳しい成績となっています。3年で見ると15.93%となっていますが、これは歴史上最大規模の金融緩和による追い風が原因であることは容易に想像できます。

つまり、本当の実力は測れず、もう少し様子を見たい金融商品ですね。

 

代表株価指数をアンダーパフォーム

以下はTHE 5Gと代表株価指数の比較です。常にインデックスをアンダーパフォームしてしまっています。

THE 5GとS&P500指数とナスダック総合指数の比較

 

 

アクティブファンドの目標はインデックス投信を超えるリターンとなりますが、ここ3年は常に指数を下回ってしまっています。

 

ハイバリュエーションと金利高で今後の見通しは厳しい

以下は直近6ヶ月のTHE 5Gと代表株価指数の比較チャートです。

次世代通信関連 世界株式戦略ファンドチャート

 

 

 

直近6ヶ月で見ると株価指数もろとも大きく下落しています。

これは今まで金融緩和により株価が上昇を続けたことで、各株式銘柄のバリュエーションが高くなっていることが要因です。

 

株価が高くなっているグロース株は金利が上昇すると、将来の利益の割引現在が低くなるので企業価値が減少します。

結果的に株価が下落するということになります。気になる長期金利ですがコロナショックを経て上昇が本格化しています。

Market Yield on U.S. Treasury Securities at 10-Year Constant Maturity

 

 

 

経済再開期待が高まり金利が上昇することが想定されていますので、今後グロース株市場は厳しい環境が続くことが想定されます。

すると、ハイテク銘柄中心のTHE 5Gも苦しい環境が続くとみるのが妥当でしょう。

 

 

まとめ

「THE 5G」について纏めたものは以下となります。

  • 5G関連の銘柄に投資
  • Next Generation Connectivity Fund JPY Unhedged Classに投資している
  • 組入銘柄は米国のハイテク銘柄中心
  • 高いリターンだがナスダック総合指数に劣後
  • 今後の金利高で大きく下落する可能性があり現時点での投資は危険

 

 

長期的に資産を形成するために適したファンドについて以下でお伝えしていますので参考にしていただければと思います。

最後に:資産を飛躍的に増やす方法は明確に決まっている

資産を大きく増やすにはどうすれば良いのでしょうか?

マザーズの小型ベンチャー株に思いっきり資金を投入。一か八か、株価が急騰を願ったり、信用取引でレバレッジを思いっきりかけてみるのも良さそうです。仮想通貨の草コインも人生一発逆転があるかもしれません。

断言します。上記のような思考の方は一生資産が増えません。そもそも一発の取引で大儲けを狙えるというのは、同じく容易に資金を溶かす可能性も高いということです。そんなものは投資とは言えません。投機と考えても質が低いです。もう少し丁寧に資産の扱い(延いては人生)を考えてみましょう。思考をガラリと変えてみましょう。

 

大事なのは「リターンが小さくても確実にプラスを、時間をかけて積み重ねていく(複利を生かす)」ことです。世界一の投資家であるウォーレン・バフェット氏も投資で最も大切なのは以下の2つのルールとしています。

 

  1. 絶対にお金を損しないこと。
  2. 絶対にルール1を忘れないこと。

 

この「損をしない」「プラスリターンを確実に積み重ねていく(複利を生かす)」という重要性を理解したところで資産運用は始まります。好きな企業の株、高配当・優待目当てのどういうわけか資産が増えない運用方法はやめましょう。クラシック且つ質実剛健な資産運用を行なっていくべきです。

私も資産運用歴はもうかなり長いです。そしてこの思考に辿り着き、プラスリターン×複利運用を実施してからの資産増加スピードは圧巻でした。この哲学を実践している、私のポートフォリオに入っているファンドも今回まとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

 

-日本中の投資信託を分析

© 2022 株式投資:富裕層が参加する勝者のゲーム Powered by AFFINGER5